総合病院で働きたい

病院とは

medical病院にもいくつかの種類があり、さまざまな方法で分類をして呼称しています。
「総合病院」はその中の一つであり、人々の健康を支える重要な存在となっています。

総合病院は、以前は医療法で定義され、正式に呼ばれていた名前ですが、現在では概念的なものとして使われています。
総合病院には企業立、国立、大学立などの種類があります。

以前の医療法では、「病床数が100以上ある一般病院」であること、「内科・外科・眼科・産婦人科・耳鼻咽喉科の診療科を最低でも持つ」こと、「検査施設や病理解剖室などの指定設備を備えている」こと、
「都道府県知事の認可を受けていること」が総合病院であることの条件でした。

総合病院は、病床数が数多くあることから、病気やけがで入院や手術をしなくてはならない人を受け入れるための医療施設として機能しています。
現在の医療法では、「地域医療支援病院」が総合病院と似たような位置づけとされています。
これは、その地域の中心的な、多数の診療科を持つ病院であり、二次救急以上に対応することができることに由来しています。

総合病院で働く医師の仕事内容

medi総合病院は病床数が多く、診療科も5つ以上有しているため、さまざまなタイプの医師が在籍しています。
そのため、人手が不足しやすく、医師の募集も少なくありません。
それぞれの科を専門とする医師が働くこととなります。

それらの医師の仕事内容としては、外来、病棟管理、救急の対応などが主なものです。
不足した人手の穴埋めであるため、仕事が忙しくなることも多く、責任も重い仕事ではありますが、人の役に立つという充実感を感じながら仕事をすることができるでしょう。
とくに、仕事量の多い、大きな病院ならば、給与も相場より高額に設定されていることもあるため、収入が限られている後期研修医にとっては嬉しい条件です。
当直医が不足するケースも多く見られるため、深夜手当を得ることもできます。

総合病院に転職するメリット

doctor収入面の他にも、総合病院で働くメリットは存在します。
アルバイトをすることの多い後期研修医は、経験や技術の未熟さから、前期研修を経た後も研修をしている医師です。
それを補って、一人前の医師へと成長することができるのが総合病院での仕事です。

総合病院は規模が大きく、さまざまな症状に悩む患者さんが訪れるため、幅広い症例を学ぶことができます。
医学部時代に研究をした症例や治療法を間近で見ることで、医師として大きくレベルアップすることができるでしょう。

また、研修会・勉強会が頻繁に行われるため、最新の技術や症例を学ぶことも可能です。
医療は日進月歩で進歩しているため、医師は常に新たな情報にアンテナを張り、診療に活かしていかなくてはなりません。
研修会や勉強会はそういった最新情報を得ていくことの一助となるでしょう。