気になる報酬は?総合病院企業立病院の勤務医

高額な報酬

医師という職業は、およそ社会一般のなかで高収入が見込まれるものですが、どのような場の勤務医なのか、
開業医なのかなど、おかれている環境によって、その実際の報酬にも差があります。

やりがいはもちろんですが、報酬面などで満足のいく待遇であるかという点は、
働いていくうえで非常に重要な要素でしょう。

企業立病院の勤務医として働いた場合、どの程度の報酬が見込まれるのか、
ほかの民間病院などと比べてそれは高いのか、低いのか、あくまで参考値ですが、比較してみました。

企業立病院では、医師も扱いのうえでその企業の会社員となります。
これは看護師や薬剤師など、他の医療スタッフも同じです。

企業立病院をもつ企業は、一流大企業に限られますから、およそ一般以上の給与が付与されていますが、
やはり医師として迎えられる場合、それよりもかなり高額の報酬が与えられています。

実際の額としては、明らかにされていないケースが多いので、その実態をつかむことは難しいのですが、
一般的な医療求人における企業立病院の医師の報酬をみてみると、
平均して年収で1000〜1500万円程度の応相談といった状況がうかがえます。

これを民間病院の医師と比較してみましょう。
人事院が発表している職種別民間給与実態調査の医師平均給与は月額95万円程度となっていますから、
これは年収にすると、1140万円となります。

医科長となると月額122万円程度まで上がりますから、これで年収1464万円になります。
1000〜1500万円という額は妥当なラインから比較的高めラインに位置するとみることができるでしょう。

応相談の含みも考えれば、より高い報酬が望める可能性も十分にあります。
さまざまな医療機関で働く勤務医医師全体の平均年収にすると、
約1150万円というデータが賃金構造基本統計調査にあり、
ここから見ても企業立病院の勤務医の報酬は比較的良いようです。

格差がある

というのも、この調査における男性医師の4分の1が月間給与で45万円を切っており、この場合、
年収で540万円ですからかなり低いラインにあることがうかがえます。

それでいて、この平均額が打ち出されるということは、この勤務医の世界もまたおおいなる格差社会で
あることを示しているといえるでしょう。

そのなかで、医師募集でこうした額を提示している企業立病院は魅力ある環境といえます。
企業立病院は報酬そのもの以外でも、恵まれた環境にあります。
それが福利厚生面です。

一般民間病院などに比べると、やはり一流企業としての福利厚生が得られるため、
非常に有利で厚遇されています。

この充実した福利厚生を企業立病院におけるもっとも大きなメリットと考える従事者も少なくありません。

長引く不況のなかにあって、企業も体制のスリム化をはかっていますから、
総合病院として機能する企業立病院の数は減少してきていますが、もしその環境で働くことができれば、
非常に安定した報酬、待遇が望めるでしょう。

非常にハードな医療現場が多い今として、企業立病院は労働環境としても比較的整っている状態にあります。
環境として得ることができれば、かなり理想的といえるのではないでしょうか。

Comments are closed.