企業立病院で働くメリット・デメリット

特徴的な環境

総合病院で働くことを希望するうえで、企業立病院で働くという選択肢は一番マイナーで、
思いつかれる方も少ないかもしれません。

しかし企業立病院には、やはりそこならではの、大学病院や国立病院とは異なる特徴的な環境もあります。
一般の法人のもとにある病院や開業での病院で医療に従事するケースとも、
また異なった働き方になるでしょう。

企業立病院で働くということを選ぶと、どのような変化が生じるのか、
何事においてもメリット・デメリットがありますから、ここではその検証を行ってみたいと思います。

企業が付属施設として運営する企業立病院は、その医師、看護師、薬剤師など、
すべてのスタッフをその社員扱いとします。

ある程度大規模な病院をもつということは、
やはりそれだけのバックボーンをもつ有数の一流企業に限られますね。

ですから、そうした選りすぐりの一流企業ならではの非常に手厚い福利厚生を
受けられるというメリットがあります。
勤務医の福利厚生のなかでも、この手厚さは特筆に値するものでしょう。

待遇自体も優れているケースが多いので、全体的な厚遇が期待できます。
そして多くの社員を抱えていますから、対象にする利用者も多く、
その多くの人たちの健康管理に携わるやりがいの大きさもあるでしょう。

一般に開放されている企業立病院では、地域住民との医療サービスを通じた交流も、
新鮮なやりがいとして感じられますね。

また、企業立病院はそもそも従業員や役員、その家族などの健康維持、
促進をメインに設けられていますから、大規模な病院である割には、
きびしい労働環境におかれることが少ないところでもあります。

プライベートな時間の充実

医学研究はあまり重点を置かれるものではありませんし、難症の例を立て続けに
扱わなければならないといったことも他の総合病院に比べ、機会は少ないといえます。
ですから、ある程度プライベートな時間を重視したいという方にもおすすめの環境でしょう。

医学研究よりも患者と向き合い、ひとりひとりのケアに重点を置きたい、
人間的な医療現場で働きたい方にも、環境として居心地の良いところとなることが考えられます。

施設設備は最新のものがそろえられているケースが多いですし、指導医も比較的多数抱えている病院が多く、
働く看護師スタッフにもエキスパートが多いという特徴もあります。

こうした環境下ですから、まずそうした指導医のもとで学びたい、
最初のステップとして安定した環境を得たいと考える方にも向く職場でしょう。

一方で、やはり医学研究やより最先端の治療技術を扱いたいという方には、
物足りない環境となってくる可能性があるというデメリットがあります。

また、将来開業を考えているといった医師の方は、経営マインドも学んでいきたいと思われるでしょうから、
経営が企業に任された企業立病院ではそうした知識が得られにくいことがデメリットになるでしょう。
>>次世代リーダーのための 事業経営マインド育成セミナー

そして、不景気が続いていますから企業の経営スリム化に伴い、
企業立病院の存続自体が危うくなるというリスクも生じています。

実際、大きくその数を減らしてきているということがありますから、経営が順調かどうか見極めておくことも、
働く環境として選ぶ際には注意したいところです。

このようにメリット・デメリットがありますが、企業立病院のなかでもそれぞれ事情は異なります。
特定の分野で特化している環境の企業立病院もあります。

一般的な事情としては、ここで検証したような内容を踏まえ、個々の病院を検討することをおすすめします。

Comments are closed.