医師のアルバイト事情

医師のアルバイト

知名度の高い専門職であり、高収入な職業である医師は、アルバイトには無縁なイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、とくに若手の医師の中には、アルバイトをする人も存在します。

医師免許を取得してから2年間は、全ての医師が研修を受けます。
この2年間を「前期研修」と言い、ここで医師としての基礎を身に付けていくことになります。
前期研修を受けただけでは、どうしてもまだ1人前の医師になるのは難しいものです。
そこで、その後医師免許取得から3年目から、「後期研修」を受ける方も数多くいます。

前期研修医は適正な給与を得ることができるため、厚生労働省はこの期間にアルバイトをすることを禁止しています。
しかし、後期研修医は、所属する病院によって給与に差が出てしまうため、アルバイトが禁止されていません。
この後期研修医時代に、生活のためにアルバイトをする医師が数多くいます。

アルバイトの種類

医師のアルバイトとして多いのが、外来勤務です。
医師の人手が足りていない病院も多ため、アルバイトを募集して病院もあるのです。
勤務医が休みを取っている場合の土日の穴埋めなどで入ります。

また、他には、当直のアルバイトもよく見られます。
病院では、毎日必ず医師が宿直をしなくてはならないため、人員が不足している病院では、常勤の医師の負担が大きくなってしまいます。
そこで、アルバイトで当直医を雇うのです。

アルバイトをする病院で忙しさは変わりますが、忙しい病院の方が給与は高い傾向にあるようです。
診察をした人数によってインセンティブがもらえるような病院もあります。

企業や学校で行われる健康診断のアルバイトに、医師が出向くこともあります。
半日~1日と、診察をする人数によって勤務時間は変わりますし、基本的に単発の仕事であるため、他のアルバイトとは性質が変わります。
特別な技術をあまり必要としないため、若手の医師が行く場合も多いです。

無理をしてアルバイトを詰め過ぎないように

このように、医師のアルバイトにはいくつかの種類が存在しますが、どれも自分の勤務している病院の仕事とのダブルワークとなります。
当直のアルバイトなら、病院でのレギュラーワークが終了した後に、別の病院に宿直するなど、負担も大きくなることから、自分の体力的に安全な範囲内でアルバイトの日数や時間を調整することが必要です。

医師のアルバイトを探すことができるサイトがあります。
勤務曜日や勤務体系、勤務場所など別に検索をかけることができ、非常に利便性の高いサイトですので、アルバイトを探しているという方は是非参考にしてみて下さい。
自分の求める条件に合ったサイトが見つかるかもしれません。
>>医師向け アルバイト情報サイト「医師バイトドットコム」

アルバイトの仕事とはいえ、医師は人の命を預かるという重大な使命を背負っています。
肉体的・精神的な疲労から、ミスが出てしまっては重大な問題にも繋がりかねません。
自分の都合や体調に合わせてアルバイトを入れるようにしましょう。