診療放射線技師

放射線検査の国家資格

診療放射線技師は、放射線を使った検査を行う専門職です。
放射線検査と聞くと、肺や骨折などの状態を調べるレントゲン検査をイメージする人が多いのですが、実際の放射線検査にはさまざまな種類があります。

X線を使った一般的なレントゲン撮影のほかにも、胃を検査する消化管造影検査、血管の状態を調べる血管検査、乳がんなどを発見するためのマンモグラフィ、筒状の器械に入って3D画像を撮影するCT検査、電磁波を使って調べるMRI検査、超音波を使うエコー検査、放射性の医薬品を投与して臓器などの状態を調べるRI検査など、多岐にわたる検査が行われています。
検査だけでなく、X線や電子線を当ててがんなどの治療を行う放射線治療も行います。

診療放射線技師になる方法

診療放射線技師は国家資格です。
養成する専門学校や短大、大学で必要な課目を学んだのち、国家試験に合格をすると資格が得られます。

診療放射線技師の就職先は、総合病院や大学病院などが主です。
放射線での検査・治療は正しく使わないと危険ですから、診療放射線技師、医師、歯科医しか行なえません。
このため診療放射線技師の需要はとても高く、就職先に困るといったことはほとんどありません。
医療分野において放射線は、検査はもとよりがんなどの治療にとっても不可欠です。
安全に放射線を活用するためにも、診療放射線技師の需要は今後も高まっていくと考えられています。

近年は乳がんの早期発見のためにマンモグラフィを受ける女性が増えていますから、女性の診療放射線技師に対するニーズも高まっています。
最先端医療分野での放射線技師の活躍が期待されており、今後ますます重要性を増していく職業の一つとなるでしょう。

診療放射線技師に向いている人は?

まず、放射線についてわかりやすく説明して、患者さんが安心して検査や治療を受けられるようにコミュニケーションができる対人スキルが求められます。

また、正確な検査結果が出るように慎重に検査を行うこと、MRIでの画像処理の技術力も必要になります。
検査結果によって、医師が治療方針を決めますから、責任は重大です。
放射線は医療現場で欠かせないものですが、一歩間違うと患者さんや周り人たちに危険が及びます。

患者さんの命を守る仕事であることを肝に銘じ、仕事に全力を注ぐ責任感のある人がこの仕事に向いています。
また、検査機器も放射線治療も日々進歩しています。
最先端の情報を積極的に収集し、常に勉強をすることも大切です。

放射線のプロフェッショナルとして誇りをもって働ける、やりがいのある仕事です。
最先端医療に興味がある人は、ぜひ国家資格取得にチャレンジしてください!