病棟クラーク

ナースステーションで事務を行う病棟クラーク

病棟クラークのクラークとは事務員を意味しており、入院病棟のナースステーションを拠点に、医師やナース等のスタッフをサポートするための事務を行う仕事です。

仕事内容は病院によって異なりますが、医療行為以外のさまざまな業務を担当します。
一般的な業務としては、患者さんの入退院手続きや説明、カルテの作成、データの作成や管理、各種伝票の処理、患者さんが食事で食べ残したもののチェック、診療用具などの準備や片付け、医師のスケジュール管理、診療などで必要な物品の発注や管理、電話応対などです。
ナースステーションに常駐しますから、医療現場の最前線で働く事になり、ナースなど医療スタッフと患者さんの橋渡し役も担っているため、やりがいが感じられる仕事です。

病棟クラークになる方法

病棟クラークになるために、特に必要な資格は決められていません。
しかし病棟で働くのですから、医療や医事法などの知識は必要です。
医療事務や医療秘書技能試験などの民間資格を取得すると、これらの知識が得られるのでより活躍の場が広がります。
病棟クラークなど医療事務スタッフを養成する専門学校で学ぶのもおすすめです。

病棟クラークの求人は正規職員のほか、派遣スタッフの求人も多いので、派遣会社に登録してそこから病院に派遣してもらうという方法もあります。
特に未経験者の場合、病院が採用するケースはほとんどありません。
まずは派遣会社に登録して、実務経験を積みましょう。

病棟クラークに向いている人

病棟クラークは患者さんに接する機会も多いですし、患者さんと医療スタッフの橋渡し役としても活躍しますから、コミュニケーションスキルが不可欠です。
また、患者さんや家族、お見舞いに来た人たちへの接遇にも十分に気を配れる接客スキルも求められます。
病院スタッフは非常に多忙です。
スタッフが少しでもスムーズに業務を進められるよう、縁の下の力持ちに徹することができる謙虚な気持ちの人が、病棟クラークには向いています。
病棟クラーク自身も業務が多く多忙ですが、ほかのスタッフもとても忙しく働いています。
入院病棟では検査や手術、医師の回診などのスケジュール管理に加え、急な病変などの突発事項も日常的に発生します。
状況を冷静に把握し、自分がとるべき行動にすぐに取り掛かれる冷静な状況判断力も必要です。

現状、病棟クラークの立場は必ずしも良好とはいえません。
看護師などのように国家資格がいらないので、病院によって待遇が異なりますし、派遣スタッフとして働いている人も大勢います。
働いている人は女性が大半で、男性はほとんどいません。
女性や医療スタッフが働きやすい職場環境を整えるための動きが活発になっていますから、今後は、このような状況が改善されるのではないかと期待できます。