歯科医師

個人クリニックを開業する医師が多い

歯科医師は、その多くが、開業医として診察を行っています。
なかには勤務医として総合病院などで働く歯科医師をいますが、少数派だといえます。しかし、歯科医師免許を取得したばかりの歯科医師は、研修のため総合病院で勤務することになります。

数十年の経験を積んだ歯科医師の場合には、独立する人が増えています。
最近では一般的に治療を行う虫歯等だけでなく専門的な治療を行う歯科医師も増えているため、今後は診療科目により歯科医師が経営する病院が分類されていくことになります。
また、地域に住んでいる人たちの数に限りがある場合には、歯科医院ごとで患者獲得の競争が行われる場合があります。

そのため地域によっては歯科医師の数が、患者の対応するに比べて増加している場合には、開業することが難しい地域も存在しています。
また、歯科医師として優れた技術や最先端技術が求められることもあるため、医療設備を充実させるための設備投資が必要な場合があります。

歯科医師になるには

歯科医師として働く場合には歯科医師免許を取得する必要があります。
歯科医師免許は国家資格となっておりこの国家試験に合格しなければ歯科医師として働くことができないです。
歯科医師の国家試験を受験する場合には、受験資格を必要となっておりこの受験資格を得ることで歯科医師の国家試験を受験することができます。

通常歯科医師国家試験の受験資格は、大学の歯学部を卒業することで受験資格を得ることができますが、歯科医師国家試験の予備試験に合格した者で一定条件をクリアしていれば受験資格を得ることができます。
歯科医師国家試験に関しては、それまで合格しやすい試験と言われており合格率は80%程度でしたが、近年では難しくなっている傾向が強まることで、合格率が60%から70%に落ち込んでいます。

このため油断をしていると合格できない人が増えることになります。
歯科医師国家試験の難易度が上がっていますが、大学の歯学部等の入学難易度も高くなっており、今後は合格するのは難しい国家試験の1つになりつつあります。

将来性と給与は能力次第

現在歯科医師として独立している歯科医院は、多く存在しており地域によっては、通常歯科医師が許容できる患者の数よりも少ない患者となっておりその分歯科医師の数が増えている状態となっています。

そのため地域によっては歯科医師の数が多くなることで、廃業に追い込まれる歯科医師も増えています。
また、歯科医師の医療技術が進歩することで歯科医師の技術力や知識力を身につけるためには歯科のある総合病院に勤務する人も増えています。

必要なこれらの能力を身につけることと、開業しにくい状況を考えると勤務する人が増えているのはやむを得ないことだといえます。
しかし、歯科医師の平均年収は700万円を超えており高収入の状況だといえます。
ただし、開業している歯科医師の中には少ない収入になっている場合もあります。