ケアマネージャー

資格と仕事

介護支援専門員でケアマネージャーと呼ばれているこちらの資格は、介護保険制度が実施されたときに作られた職業となります。
この資格を取得して実務研修を受ける必要がある資格ですが、介護支援専門員として登録されることで働くことができます。

介護保険は、加入義務が義務づけられているもので、この保険サービスを受けるためには要介護認定を受けた人が、その後ケアマネージャーにケアプランの計画を立てる手続きが必要となります。
この手続きを行うのがケアマネージャーの仕事となります。

ケアマネージャーは、介護保険加入者に直接話を聞いて日常生活動作で、身体活動能力や障害の度合いの調査を実施しこの計画を立てる仕事となります。
ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所を開業して運営することができますが、現実的な仕事としては総合病院などの医療法人等に雇用されて勤務することが多くなっています。

ケアマネージャーの資格取得に関しては実務経験が必要となり、制度発足当初は看護師や准看護師が取得する資格となっていましたが、現在では介護福祉士の資格所有者やホームヘルパーがキャリアアップのために取得する資格となっています。
今後も介護福祉士等の人たちがキャリアアップするために必要な資格としての位置づけとなります。

現場の問題について

ケアマネージャーがキャリアアップの資格として注目されるものですが、こちらの仕事を長く続けるのが難しいと言われています。
その問題点としては、ケアマネージャーの業務自体が難しいことで、十分な実務経験がなければ続けることが難しいです。

そのため介護福祉に関係する資格や実務経験を積むことで対応する必要があります。
そして何よりも問題となるのが人間関係となります。大変激務な仕事となることでストレスを抱えることが多いため、人間関係を上手に構築できないと退職を余儀なくしてしまうことになります。

総合病院で働く場合には療養病床を設置してある病院で働くことになりますが、担当者の多くを受け持つことになるので、迅速な処理ができなければ仕事に追われる毎日となります。
しかし、医療法人の場合なら、新人のケアマネージャーでも働くことができる環境を構築している病院が多いです。
そのためはじめてケアマネージャーとして働くことを考えるならば、医療法人や社会福祉法人などの大きな組織の団体の方が働きやすい環境といえます。

福祉医療系の仕事の場合には給与面に関しては少ないイメージがありますが、今後この国では、高齢社会に突入することになるので、ケアマネージャーなどの社会福祉の仕事は、求められる職種の1つに該当することになります。
そのため早めに資格を取得することは将来性のある仕事を行うことができることになります。

Comments are closed.