臨床検査技師

患者さんの検査を行う国家資格

臨書検査技師は医師の指示のもと、患者さんの病気を診断するためのさまざまな検査を行うのが仕事です。
臨床検査技師は尿や便、血液の検査をはじめ、生化学検査や呼吸機能検査、心臓超音波、心電図、脳波の検査を行い、医師はこれらの検査結果をもとに患者さんの病状を把握し、どのような治療を行うか計画を立てます。
間違いが許されない、責任重大な仕事だといえますね。

臨床検査技師が行う検査は多岐にわたっていますが、近年は医療の専門家が進んでおり、臨床検査技師でも、がん細胞を専門的に調べる細胞検査士や、エコー検査を専門的に行う超音波検査士といった資格も誕生しています。
また、レントゲンやCTスキャンなどの検査をするには、診療放射線技師の資格が必要です。

臨床検査技師になる方法

臨床検査技師になるには、国家試験に合格しなければいけません。
臨床検査技師になる過程では、高等学校を卒業後に臨床検査技師を養成する専門学校等で必要な知識を履修して、国家試験を受験します。

臨床検査技師の就職先は病院の他、臨床検査センター、食品や薬品メーカー、研究所などです。
細胞検査士や超音波検査士、認定CRCといった資格取得によって、転職に有利になります。

臨床検査技師の将来性は?

医療のベースとなる検査に従事する臨床検査技師は、医療業界にとって無くてはならない、とても重要な職務です。
また、医学の進歩に伴って検査業務の重要性はより高まっており、細分化・専門家する傾向にあります。
その一方で、検査機器も進歩しており、これまで臨床検査技師が行っていた検査を、機械が代わりに行うというケースも増えてきました。
つまり、検査の重要性は年々高まっているものの、検査技師に頼らなくても検査ができるようになってきているわけです。
このため、正規職員を募集せずにパートなどを募集する病院も増えており、需要は少なくなっているのが現状です。
臨床検査技師として活躍するためには、細胞検査士や超音波検査士などの関連資格を取得してスキルアップする、認定CRCの資格を取得して治験分野に転職するなど、今後のキャリアプランを考える必要があります。
また、ペットブームに伴って、動物の医療に対応するための検査も増えてきており、動物医療分野で活躍するのも一つの方法になるでしょう。

将来的には簡単な検査は機械が担当し、高度な検査は臨床検査技師が担当するようになると予想されています。
臨床検査技師に対して、優れた専門性がより求められるようになっていくでしょう。
技術の進歩や、医療業界の今後の流れに十分注意して、常に情報収集を行うと同時に勉強を怠らないようにすることが大切です。

Comments are closed.