歯科技工士

歯科技工士は優れた技術が求められる国家資格

歯科技工士は、患者さんに適した入れ歯や歯冠、差し歯、矯正装置、マウスピースといった口に入れる補助具や矯正具などの作成・修理を行う専門家で、歯科技工士の国家資格を取得して働きます。

補助具や矯正具は口の中に入れるものですから、人体に安全であることが第一で、十分に目的を果たせる機能的なものを作る必要があります。
口の動きは、複雑です。
ほんのわずかな狂いでも、歯茎などに器具が当たって痛みや炎症を起こしたり、食べにくい、しゃべりにくいといったトラブルが起こります。
作成には専門的な知識が不可欠で、化学的根拠のもとに正確かつ精密に作製しなければいけません。

歯科技工士になる方法

歯科技工士になるには、高等学校卒業後に歯科技工士を養成する専門学校や短大、大学で知識と技術を学んだ上で国家試験を受けて合格し、登録機関に申請して国家資格が取得する必要があります。

歯科技工士の就職先は歯科技工所が最も多く、このほか病院や歯科医院に勤務する人も少なくありません。
歯科技工所では病院や歯科医院から依頼をうけて制作します。
その後独立して、自分で歯科技工所を開く人も多いのが特徴です。
病院勤務は非常に人気が高いのですが、求人数が少なく、競争率が高くなっています。
病院では最先端医療が行われることが多いため、高度な技術が求められます。
歯科医院では患者さんと接する機会も多く、手応えが直接感じられるのでやりがいがある職場です。

いずれにしても、技術力が高く評価されれば、どんどん仕事が入ってくる、実力重視の世界です。
努力次第で活躍の場が広がりますし、独立して働いている人も少なくありません。
 

歯科技工士に向いている人は? 将来性は?

歯科技工士には手先の器用さが求められるものの、それ以上に必要なのが根気強さです。
患者さんがより快適に、安全に使えるものを作るためには、地道に努力する粘り強さが欠かせません。
専門職では、常に技術を磨いていく向上心も必要です。
常に新しい技術や知識を学び続ける努力ができる人でないと、いつまでたっても自分の技術が向上しません。

特に日本人は手先が器用な人が多く、まじめに仕事に取り組みますから、歯科技工の分野でも優れた技術力を誇ります。
現状、アジアなどから低価格のものを輸入してコストダウンを図る傾向があるため、若い世代の歯科技工士が減っています。
このような状況を打破するためには、日本ならではのすぐれた技術を磨き、一人ひとりがスキルアップを図っていくしかありません。
優れた技術が評価されれば、国内はもとより、海外からの需要も高まるはずです。

高齢化社会になり入れ歯の需要は増えています。
今後は、技術力の高い歯科技工士がますます歓迎されるでしょう。

Comments are closed.