言語聴覚士

意思疎通できる喜びを分かち合う

言語聴覚士という資格は最近できた国家資格で、言葉に不自由している人の問題点を洗い出し、その解決策を練って実際に治療していくことが仕事になります。
対象となる患者は耳が聞こえない方や、言葉を話せない方、もしくは食べ物を飲み込むという動作に問題を抱えている方となり、病状の評価から仕事が始まり、原因の特定、改善するための治療法を提案、行われる訓練までサポートすることになります。
また、治療や訓練、トレーニングのメニューを考えるのも言語聴覚士の役割となり、最終目標は意思疎通ができるようになることに設定されています。

言語聴覚士の仕事のやりがいは、やはり人の成長をサポートできる点にあるでしょう。
自らが訓練にあたり、徐々にコミュニケーションを取れるようになっていく様子を間近で見ることが可能です。
言葉を話せない人が訓練によって話せるようになる、意思疎通ができるようになって、その喜びを分かち合うことができるのは言語聴覚士という仕事の醍醐味でもあります。

言語聴覚士の基本情報

言語聴覚士の資格自体は1999年より国家資格として認定されたため、できてからまだまだ日が浅く、この仕事に従事している人も少ないです。
早くから言語聴覚士の必要性を見出していたアメリカでは、既に15万人を超える有資格者がおり、仕事をしているのに対し、日本では現在2万人程度の有資格者しかおらず、不足している状態であると言われています。
この仕事の必要性が叫ばれている他、日本国内には言葉の障害がある人は650万人以上いると言われているため、今後もその需要が尽きることは無さそうです。

言語聴覚士の仕事は他のリハビリと同じ時間帯に行われることになりますので、勤務時間は日中になるケースが多く、夜勤で働くことはほとんどありません。
ただし、リハビリを終えた後には訓練やトレーニングの記録を取るなどの事務的な作業もあるため、ある程度の残業はあります。
しかしながら、休日の待遇や勤務時間に関しては勤務することになる病院や施設によっても異なることになりますので、就職先を決める段階でチェックする必要があります。

収入に関してもピンからキリまでと言わざるを得ません。
目安としては年収300万円から400万円程度と見ておけば良いでしょう。
こちらも休日や勤務時間と同様に、勤務する場所によって異なってきますので、就職活動をする時に納得できる場所を選ぶ必要があります。

国家試験の合格率は65%から70%程度になっており、若干難しめな試験になります。
また、この試験の受験資格は言語聴覚士の養成学校で学ぶか、もしくは養成所にて2年以上の教育を受ける必要がある点も忘れてはなりません。
資格を取得するための資格を取らなければならないので、一念発起で簡単に取れる資格とは言えないでしょう。

Comments are closed.