保健師

予防のための健康管理に携わる仕事

保健師の仕事は、実際に病気等を患った後対応する仕事ではなく、病気等の予防を行うことを重点に健康管理をする専門職となります。
健康管理では、いろんな健康管理がありますが保健師が行う仕事の健康管理では、長期間健康であるために行う1年の管理が保健師の健康管理の仕事となります。

健康の維持、病気等の予防や悪化の防止を行うだけでなく最近では、個人の健康管理よりも高齢者の健康管理や組織的な予防を行う保健師が増えています。
病気にならないように行う健康管理が保健師の仕事となるため総合病院などで働く保健師は少ないといえます。
最近では労働の安全衛生や保健指導を行うため企業内健康管理を行う保健師や、公衆衛生を行うために地域の健康管理を行う保健師が増えています。
これらの健康管理に関しても個人ではなく多くの人たちの健康管理を一手に行う仕事となります。

保健師の資格

保健師の資格を取得するためにはあらかじめ受験資格が必要となります。
看護師国家試験に合格していると保健師の受験資格も得られます。
あるいは看護師の国家試験受験資格を持っていて、定められた学校で勉強をした人または保健師養成所を卒業したか卒業見込みの場合、保健師の試験を受ける資格を得ることができます。

看護師と保健師の2つの資格を取得することができるため、この2つの資格を勉強できる学校を選ぶことでダブルライセンスを取得することができます。
保健師国家試験は年に1回開催されている試験で、合格率は80%から90%となってより所得しやすい資格といえます。
また、保健師として働く場合には必ず看護師の資格を取得していなければいけないため、看護師国家試験の受験資格を有していて保健師の試験に合格してもその後看護師の資格を取得する必要があります。

活躍の場はたくさんある

保健所で働くよりも市町村や学校をそして事業所などで働く割合が増えている保健師は、今後もこれらの場所で働くことができる資格だといえます。
将来性では、現在医療費負担を軽減するために医療費の支出を国が抑えている状況となります。

このため現在求められる中に病気の治療や怪我の治療を迅速に行う以外にも予防を行う必要性があります。
保健師の仕事は病気等の予防を行うことになるので、将来的には健康を維持するために必要な病気等にならないように予防の行うこととなります。
企業や地域の施設に就職をして保健師を続ける場合でもこの病気の予防を行うことが変わりなく必要なことです。

そのため保健師の仕事も従来と変わりなく予防を行う業務を行うニーズが増えていくことになります。
また、給与面でも高収入や高待遇を得ることができる職種の1つとなっており、平均的な年収は400万円を超える職種の1つとなります。
保健師が学校や保健所で働く場合には公務員になることになるので、公務員として安定した状況になります。そのため将来性のある職業の1つだといえます。

Comments are closed.