医師

臨床医と研究医

医師という仕事は大きく分けて臨床医と研究医の2種類に分けることができ、それぞれによって仕事内容や役割は大きく異なることになります。
多くの人が思い浮かべるのは病院の先生になると思いますが、こちらは臨床医にあたり、患者さんを直接治療するのが仕事となります。
これに対して研究医は、病院や大学等で病気や薬、治療法の研究を行うのが仕事となり、医学界を影ながら支える、いわば縁の下の力持ちのような存在です。

臨床医の具体的な仕事内容は、患者を診察し、治療の処置をすることにありますが、実際には看護師が注射をしたり点滴をしたりすることになりますので、現実的には診断をして患者さんに投与する薬を選ぶことや、その量を決めること、また具体的な治療法を看護師に指示することが仕事となります。
大きな病院に勤務する場合には、内科や外科、眼下、小児科といったように分野毎に分かれているため、より専門性の高い知識が求められることになります。
これに対して地方の小さな病院に勤務する場合には、医師の数が少なく、専門分野に特化した診察もできないことから、全ての分野の知識が必要になってくることになります。

臨床医は実験を繰り返す研究者のような仕事内容になります。
現在、医学は目覚ましい発展を遂げていますが、まだまだ治療が困難な病気は多く、臨床医はこういった難病等に関する治療法を研究するのが仕事です。
日々実験とデータの採取を繰り返していくという一見地味な仕事ですが、研究医の仕事は人類の未来に直結する仕事となりますので、重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。

年収はどのくらい?

医師の資格を所持している人しかできない特殊な仕事でもあり、また人命にも関わる多大な責任も伴う仕事であることから、この仕事の収入は非常に高くなっています。
勤務医の平均年収は2013年の段階で1477万円という調査結果が出ています。
普通に働いているサラリーマンの年収が500万円程度であるのを鑑みれば、およそ3倍もの収入が期待できる医師という仕事は非常に魅力的にも見えることでしょう。

独立して開業すると、年収は2000万円を超えることも多く、この辺りは他の職種と比較するとあまりにかけ離れています。
しかしながら、開業医の場合には設備に投資しなければならず、まずはその費用を回収しなければなりませんので、儲かっているのは確かですが一概に大金を稼げるとは言い切れないようです。

また、医師になるためには医学部へと進学しなければならない点も重要です。
医学部の学費は6年間で3000万円を超えるケースも多く、また本人の意思が相当強くなければ勉強に追いつかないということも多いです。
当たり前ですが、医師を目指す全ての人が必ず医師になれるわけではありません。

Comments are closed.