助産師

出産や育児のサポートを行う

助産師は、妊婦を対象とした保険の指導や育児相談を行うだけでなく分娩時の介助の役割もあります。
産婦人科の病院や市町村の母親学級で講師を務める仕事や相談窓口を担当する仕事があります。
最近では出産後家庭訪問を行い赤ちゃんの健康状態の確認や家族に具体的な育児のアドバイスを行うのも助産師の仕事となります。

また、不妊治療や性教育の対応も助産師の仕事となっており、最近では核家族化によりこれらの仕事のニーズが増えています。
助産師は、病院や診療所に勤務しており、産婦人科の中には医師の診察と並行して助産師が自分の責任において健康診断や保健指導を行う助産師外来を設けている総合病院があります。

地域によっては助産師が開業を行ったり、そこに勤務したりする助産師もいます。
また、地方公務員試験を受けて採用されることで保健所や助産師学校等で教える助産師もいます。

助産師のメインとなる仕事は出産の介助ですが、赤ちゃんが生まれる時間に関しては不規則になるため勤務時間が不規則となります。
そのため体力的にきつい仕事といえます。
助産師になるためには助産師の試験に合格する必要があります。

助産師の試験

国家試験となっている助産師の資格は、看護師国家試験に合格している女性又は看護師国家試験の受験資格がある女性が一定の養成機関で勉強することで受験資格を得ることができます。

国家試験採の助産師試験に合格することができます。
助産師の国家試験の合格率は平均95%を超えている国家試験で、勉強を真面目に行っていることで合格しやすい試験だといえます。
助産師の国家試験に合格をして助産師免許を取得することで助産師として働くことができます。
ただし、助産師免許を取得する場合には看護師国家資格を取得していなければ免許を取得することはできないため、看護師国家試験にも合格する必要がある試験となります。

将来性と給与

助産師の仕事としては、少子化が進むことで出産する女性の数が減少している状況では出産に立ち会う介助の仕事は減少していくことになります。
しかし、最近では産婦人科が減少することで助産師が出産に立ち機会が増えています。

出産後の生活指導や育児指導も助産師の仕事として資格を生かせることができます。
特に子育てについての悩みや不満に対するアドバイスを行うことが助産師としてできるため、助産師のニーズは今後も増えていくことになります。

出産の介助の仕事以外にも出産後のアフターケアを行う仕事が増えていくため助産師の中には、これらの仕事を行うときに役立つ資格等を取得する助産師が増えています。
そのため将来性のある仕事といえます。給与面では、勤務する病院は総合病院など大手の病院の場合には高収入の給与となる仕事となります。
また、公共機関の病院の場合には公務員として働くことになるので、安定した待遇を得ることができる職業です。

Comments are closed.