管理栄養士

仕事場は医療機関と給食施設など

管理栄養士として働く場所としては総合病院などの病院施設、保健所そして給食施設があります。
食事の栄養指導を行うのが主な仕事となり、栄養士よりも高い知識を持っているのが管理栄養士となります。
そのため複雑な栄養指導や栄養管理についても管理栄養士の職務の1つです。

総合病院などの入院施設がある場合には患者は毎日食べる食事の指導や栄養管理を行うのが管理栄養士の仕事となります。
給食センターや私立の総合病院で働く場合には一般的な社員として働くことになりますが、保健所で働く場合には公務員として働くことになり、他の就職先とは異なる条件で働くことになります。

その他にも児童福祉施設や老人福祉施設等食事の提供を行う場合には管理栄養士が必要な場合があるので、管理栄養士として働く場合にはこれらの施設で昼食を行うことができます。
これらの場所で働く場合には患者さんや施設で暮らす人とのコミュニケーションが必要不可欠な職業となるので、コミュニケーション能力がなければ難しい仕事になります。

管理栄養士を取得する

管理栄養士の資格を取得する場合にはく、受験資格が必要となります。
受験資格を得る場合には、管理栄養士養成施設の学校と栄養士養成施設の学校はあります。
このどちらかを卒業して管理栄養士の試験を受験することになります。

栄養士養成施設で勉強した場合には実務経験が必要となり、大学の場合4年生では実務経験は1年必要となり学校で勉強する年数が1年ごとに減少する場合には実務経験は1年加算されていきます。
そのため管理栄養士養成施設の大学や専門学校に入学をする方が実務経験が不要となるので、早く管理栄養士の受験資格を得ることができます。
そして管理栄養士の国家試験に合格しなければ管理栄養士として職に就くことはできません。

また、受験資格に栄養士養成施設と管理栄養士養成施設の2種類の養成説がありますが、管理栄養士の国家試験の合格率を見てみると管理栄養士養成施設を卒業した受験生の方が合格率が高い結果が出ています。

そのため管理栄養士を目指すならば管理栄養士養成施設の学校を卒業する方が合格の早道となります。
管理栄養士の平均合格率はここ数年30%から40%になりますが、管理栄養士養成施設の新卒の場合には70%を超える高い合格率となっています。
この合格率だけを見ても管理栄養士養成施設の新卒の場合には合格しやすい試験ですが、それ以外の状況の場合には合格率が10%台となり難易度が高い試験となります。

需要が高まっていく職業のひとつ

総合病院などの入院施設のある大きな病院の場合には、入院食の提供があるため管理栄養士の資格を持っている人が必要不可欠となります。
老人施設や障害者施設だけでなく保育園などの施設でも食事を提供する場合には、管理栄養士が食事の管理や指導を行う必要があります。

高齢化社会になるため特に老人施設なで食事を提供する場合には必要な職業の1つとなります。
そのため需要のある職業の1つとして今後も活躍できる場所が広がっていくことになります。

Comments are closed.