健康運動指導士

担っている役割

健康運動指導士の資格は、総合病院などの保健医療関係者と連携をして患者さん一人一人の体の状態や精神状態に合わせた安全でしかも効果的な運動を行うために運動プログラムを作成します。

また、こその運動プログラムを実践で行い指導計画の調整を行う役割を担っています。
本来健康運動指導士の資格は、国民の健康づくりを考えて創設された資格となっており、継続的に行われる健康水準の維持、生活習慣病の予防のために貢献することになります。

特に生活習慣病の予防として必要な運動をする指導的立場となっておりますが、こちらの資格は民間資格となっております。
この健康運動指導士の資格を取得する場合には必要な講習を受講し修了した後、健康運動指導士認定試験に合格してこ健康運動指導士台帳に登録して初めて利用できる資格です。
受験資格が必要な資格の1つとなっており4年制大学を卒業して一定の資格を取得している人しか受験することができない資格です。

男性と女性の割合を比べると女性の方が多く資格を取得し登録していることになります。
働く場所としてはアスレチッククラブや一とネスクラブ以外にも総合病院などの医療施設や保健福祉施設などで働くことが一般的です。
転職に有利な資格の1つとなっており、企業によっては資格手当の対象となる資格になります。

将来性と資格の更新

我々の生活は豊かになればなるほど、長寿国となり、多くの人が暮らすことになります。
そのため将来的には、高齢社会そして生活習慣病予防する必要性が増えて行くことになります。

こちらの健康運動指導士の資格に関しては、この両方の人たちの普段の生活を助けるために必要な運動プログラムを創設するのが仕事となります。
そのため今後も需要が増えていく仕事となり、将来性がある仕事の1つです。

健康運動指導士の資格に関しては、登録をしていますがで認定期間が5年間と決められております。
そのため5年間の期間が近づくと文書による案内が届き、更新をする必要がある人の場合には登録更新をするための講習会に参加をしてこちらの資格の更新を行う必要があります。

この講習会に参加をして必要な勉強を行うことが、健康運動指導士として必要な知識の中でも新しい運動に関する知識を吸収することができます。
そのためこちらの資格では更新が必要だといえます。総合病院で運動プログラムを計画することもありますが、健康に関する関心が高まっている今では、予防対策のための運動プログラムを提供する機会も増えています。

総合病院で働く以外にも企業向けの健康セミナーや健康体操教室などを開催する健康運動指導士も増えています。
そのため将来的にはますます需要が見込まれる資格の1つとして位置づけられることになります。

Comments are closed.