医療秘書

医療事務でスキルアップしたいなら、医療秘書の資格を

医療秘書は、医療分野で秘書の役割を果たす人のことをいいます。
会社には役員に秘書が付いてスケジュール管理やさまざまなサポート業務を行いますが、このような仕事を病院などの医療機関で行うのが医療秘書です。
病院業務はレセプトと呼ばれる保険診療の請求など独特の経理業務や、カルテの管理と医療に関するさまざまな業務など、一般的な会社とは異なる運営システムが多くあります。
このため医療秘書は、これらの知識に精通しなければ務まりません。

医療秘書の主な仕事は、医師やスタッフのスケジュール管理や電話応対、必要データの作成や管理といった一般の秘書が行う業務に加え、受付や患者さんを診察室や検査室に誘導するといった接遇業務も行います。
事務作業で行う文書作成では、医療用語などが使われるので、医療や医療に関する法律の知識が不可欠です。

医療秘書になる方法

医療秘書になるために資格は不要です。
しかし医療秘書技能検定試験という民間資格を取得しておくと、就職で有利になります。
資格は3級~1級まであり、準1級に合格すると、医師事務作業補助技能認定を受けるための条件のひとつを満たした事になります。
医師事務作業補助技能認定は、医療事務に必要な医療文書の作成や、医療に関する法律、医学知識等を認定する制度です。
スキルアップを目指すなら、こちらの資格の取得もおすすめします。

この他にも関連資格として、医療事務検定や診療報酬請求事務能力認定試験、医事コンピュータ技能検定、介護報酬請求事務技能検定試験、パソコン検定など、さまざまな民間資格があります。

医療秘書に向いている人は?

秘書業務ですから医師や医療スタッフ等さまざまな人達のサポートを行うと同時に、患者さんに接する機会もあります。
このため、コミュニケーション能力は不可欠です。
また、来客や電話応対などで失礼のないよう、ビジネスマナーもしっかりと身に付けましょう。

医療秘書にはスケジュール調整や医療文書の作成など、細かな仕事が多いので、几帳面な性格の人が向いています。
医療現場で働く一員として、患者さんへの思いやりも欠かせません。
そして、スタッフがより快適に働けるように気配りが行える人、医療や法律など必要となる知識を積極的に学ぶ前向きな姿勢も大切です。
医療に関する知識に加えて、一般的な秘書業務の技能、接遇スキル、対人スキルなどさまざまな能力が求められる医療秘書は大変ですが、とてもやりがいがあります。
医療事務検定の有資格者であれば、さらなるキャリアアップのために医療秘書技能検定試験を受けるなど、常に上を目指すように心がけると良いでしょう。

Comments are closed.