MR

医師のパートナー

医薬情報担当者と呼ばれているMRは、医師が医薬品を安全に扱うことができそして効果的にその医薬品を使って治療ができるように、医師に必要な情報提供を行うのが仕事となります。
そのため医師との意思疎通が出来き、信頼関係を作り上げることが必要で、その結果自社の医薬品を積極的に使ってもらうことができることになります。
MRの仕事の場合には、医薬学会への貢献と患者に治療の貢献を行う公益性の高い仕事だけでなく、企業に所属する社員として営利を追求することも必要なので、この両方を遂行する難しさがあります。

国家資格ではないのですが、こちらのMRに関しては医薬品関係の必要な専門知識がなければ働くことができない職種となるため、公益財団法人MR認定センターは毎年定期的に実施している試験に合格することでMRの知識があると証明することができます。
受験資格に製薬会社等でなければ受験資格がありませんでしたが、今ではMR認定試験に関しての受験資格は、特別な講習の基礎教育を受講していればだれでも受験することができる試験となっており、合格率の高い資格です。

MRとして働く場合には企業に就職をしてその企業の医薬品を取り扱うことになります。
そのためこの職業を続けるためには医薬品の知識だけでなく企業で取り扱っている医薬品に関する知識が重要とされています。
総合病院では多くのMRが取引を行っており新人のMRはその取引の中に入り契約を取る必要があります。
そのため総合病院の担当者の場合には朝早くそして夜遅くまで仕事をする必要がある職種の1つです。

将来性と給与面

MRの仕事は、企業に就職をして働くことになる資格になるので、給与面に関しては高給に分類されます。
しかし、拘束時間が長く大変激務の職種と言われており、体力が必要な職種の1つです。

さらに、医師とのコミュニケーションを図って良好な人間関係を作らなければ、仕事を全うすることができない職種となっており、コミュニケーション能力も求められることになります。
MRの仕事は担当している総合病院の医師に自社の医薬品に興味を持ってもらう必要があるため、何度も病院に足を運ぶ必要があるため勤務時間外の拘束時間も長いです。

なかにはMRとして医薬品の提供を説明を行うだけでなく、病院の経営面でのサポートを行うMRもいます。
看護師はスタッフの教育のサポートや大学病院との橋渡しそして希望なる勤務医の開業の手伝い等を行い信頼関係を築いていくことになります。
医療技術が進歩することでいろんな医薬品が開発されています。

そのため医薬品の説明や情報提供が出来るMRの仕事は、大変医療業界において重要なポジションとなっています。
将来性のある職業の1つであり、人気の職種となります。

Comments are closed.