音楽療法士

資格と仕事の内容

音楽療法士の資格は、病気の影響のために障害を持ってしまった人が、音楽を聴いたり、奏でたりします。
その結果体の脈拍数や体温が変化することで生理的な変化が生じることで不安やうつ状態を和らげることができ、または痛みを緩和する手助けになるのが音楽療法士の仕事になります。

総合病院などで行うリハビリにも取り入れられていることがあり、障害の回復だけでなく普段の生活の向上にも利用できる仕事と言われています。
音楽療法士が行うリハビリに関しては音楽を聴く受動的音楽療法と音楽に合わせて体を動かすまたは歌を歌うことの能動的音楽療法に分類されています。
乳幼児から高齢者までいろんな人が行うことができるのが音楽療法の特徴だといえます。
さらに自閉症や脳性麻痺だけでなく認知症にも効果のあるリハビリを行うことができます。

そのため音楽を使ったリハビリを行うときにはこの音楽療法士の資格取得者が指導を行うことになります。
リハビリの手助けを行うことになる音楽療法士は、総合病院などで、入院施設のある医療法人等でニーズが高いと言われています。

その他にも高齢者の福祉施設や障害者福祉施設でも実際に音楽療法士がリハビリを行っております。
この音楽療法士の資格に関しては、一定の受験資格が必要となっていますが、日本音楽療法学会の認定校に進学することで受験資格を得ることができます。その他にも必要な経験と学歴を持つことで受験資格を得ることができる民間資格となります。

こちらの資格を取得する人の中には介護福祉士や臨床心理士などの資格を取得している人で、総合病院などに就職してからこちらの資格取得を目指す人もいます。
福祉関係の資格の1つとなっており、複数の資格を取得することで転職に有利になります。

現状と将来性について

音楽療法士の資格に関しては、試験に合格をして資格を取得することになりますが、実際に働く場合には、医療法人をはじめとする総合病院で働くことができる資格の1つとなります。
音楽療法士だけで働いている人もいますが、福祉系の資格となり給与面で不満を持たれる人もいますが、なかには複数の福祉系の資格を取得することで給与面の不満を解消することに成功している人もいます。

まだまだ日本では認知されていない資格の1つとなっており、今後正当な労働の対価として評価されていく資格となります。
そこで複数の資格を取得する人が増えていくことになります。

高齢者の人の音楽療法も行うことができ、認知症患者にも利用できることリハビリなので、将来的には、今まで以上に求められる資格の1つとなっていきます。
平均年齢が若い人たちが多くこちらの資格を取得して働いているので、今後も資格を取得する人が増えていく資格となり注目されることになります。

Comments are closed.