義肢装具士

義肢装具のスペシャリスト

義肢装具士は義手や義足などの義肢装具を作成する専門家で、国家資格がないと働けません。
病気や事故で手や足を失った人などにその機能を補うための義肢や、身体機能に障がいがある人のコルセットなどの装具の製作などを行います。

主な業務の流れは、まず患者さんの採寸をして適切な形状の義肢や装具を作り、装具が完成したら実際に装着して適合具合を確認し、快適に装着できるように調整します。
そして装着後は機能回復のためのリハビリテーションを行って、義肢がうまく使えるように支援します。

製作だけを行えばいいというわけではなく、患者さんの体と義肢装具をフィットさせ、少しでも快適に使えるように工夫をこらす必要があります。
医療関連職でありながら、ものづくりを担当する職人のようなポジションにある珍しい業種です。

現在は義肢装具の製作も分業化が進んでおり、採寸や型取りやフィッティングは義肢装具士が行い、組み立ては専門の製作技術者が行うケースも増えてきました。

義肢装具士になる方法

義肢装具士になるためには、次の3つの方法で必要な知識や技術を学び、国家試験に合格する必要があります。

1つ目は、義肢装具士を養成する専門学校や大学で3年以上学ぶ方法です。
2つ目は、義肢装具士を要請する高等専門学校や大学、専門学校で1年(高等専門学校は4年)以上学び、養成所で2年以上知識と技能を学ぶ方法です。
3つ目は、職業能力開発促進法で定められた義肢、装具の製作に係る技能検定に合格し、専門学校などで1年以上知識や技能を学ぶ方法です。

専門学校で3年学んで国家試験を受けるのが、最短距離で資格が取得できる方法です。

義肢装具士は民間の義肢装具製作会社への就職が一般的で、その会社が契約した病院などに出向して業務を行います。
関連資格として介護用品のアドバイスを行う福祉用具プランナーや、福祉用具などのレンタルやアドバイスを行う福祉用具専門相談員、障がい者にスポーツの紹介や指導を行う初級障がい者スポーツ指導員といった資格もあります。
スキルアップを考える人は、これらの資格取得にもチャレンジしてみましょう。

義肢装具士の将来性

義肢装具士になるためは厚生労働大臣が指定する養成学校で学び、卒業するのが一般的ですが、募集定員が少ないため、義肢装具士の人員は不足しています。

体の一部を失った患者さんや、障がいのある患者さんの生活の基盤となる義肢装具を提供して、日々の生活を支える義肢装具士は今後も重要な仕事として求められるでしょう。
特に、日本人はものづくりが得意ですから、日本の義肢装具士は高く評価されています。
今後は、海外で活躍する義肢装具士も増えていくと予想されます。

Comments are closed.