理学療法士

身体機能の回復を目指す

病気や事故、老化等、私達の身の周りには身体機能を低下させてしまうきっかけは非常に多いです。
スポーツをしている最中に怪我をしてしまい、その後上手く動かなくなってしまった、事故によって身体を動かせなくなってしまった、病気によって身体の一部が麻痺してしまったなどなど、日常生活の中で身体機能が低下してしまうことはよくあります。
もしもそうなってしまった場合には、回復させるためにリハビリを行う必要があります。

理学療法士の仕事は、まさにこの身体機能を回復させることであり、医師の指示の下リハビリを行っていくのが主な役割となっています。
身体の構造に関する知識が必要とされる他、患者さん一人一人に合ったリハビリ方法を提案する対応力、医師と連携を取り合い効率的で包括的なサポートを行える体制を整えるコミュニケーション能力が必要となります。
リハビリという部門の中には理学療法士の他に作業療法士や言語聴覚士があります。
理学療法士は「歩く」「座る」といった基本的な運動機能を回復させることを目標としていますので、身体に関する知識はより必要となってきます。

作業療法士と理学療法士は体のサポートという面から考えれば似ている部分もあります。
また作業療法士は患者さんの心もサポートする役割を担っているのに対し、理学療法士は運動機能に特化したリハビリを行いますので、専門性が高く、両者にはかなりの違いがあると言えるでしょう。

理学療法士の勤務先としては主に病院が挙げられますが、この他にも教育機関や福祉施設で活躍することもありますし、また有名になればプロのスポーツ選手の専属トレーナーとして活躍することもあります。
高齢化も進んでいる昨今では、徐々に福祉施設からのニーズも高まりつつあり、今後もこの傾向は続いていくことが予想されます。

理学療法士の収入や待遇

理学療法士の平均年収は350万円から500万円程度で、そこまで抜きん出て高くはありません。
この金額は作業療法士や言語聴覚士の平均年収と大差はありません。
また、理学療法士の給料は初任給からそれほどアップしていかないという特徴もあります。

一人暮らしならば生計を立てられるものの、所帯持ちになれば、この金額はいささか不安でもあります。
しかしながら労働環境はそれなりに良くなっていますので、一概に悪いとも言えません。

リハビリは基本的に日中に行われることになりますので、病院で働いたとしても夜勤になることは滅多にありませんし、残業もそれほど多いというわけでもありません。
体力が無ければできないような仕事では決してなく、女性でも充分働けるという魅力もあります。
給料は高いに越したことはありませんが、給料だけが全てでもありません。
理学療法士という仕事の醍醐味は、患者さんと一緒に喜べるという点にあります。

Comments are closed.