作業療法士

日常生活への復帰指導

作業療法士の仕事は、身体が不自由になってしまった人に対してリハビリを行い、日常生活に復帰できるように指導するものとなります。
また、作業療法士が行うリハビリは大きく分けて精神的なリハビリと身体的なリハビリの2種類となることから、身心を共にケアするのがこの仕事となることも分かります。

精神的なリハビリとは、ネガティブで後ろ向きな思考を改善するために、気分を発散させるような処置を施すことを指し、具体的にはレクリエーションを通してストレスを解消させるといったリハビリが行われることになります。
身体的なリハビリは、想像の通り、身体を動かす訓練やトレーニングを行うことによって、身体の機能を回復させることを目指します。
作業療法士の仕事はこれらの目的を達成できるように、医師の指示の下で患者さんをリハビリし、回復させることになります。

この仕事は直接患者さんと接することができ、また患者さんと二人三脚で訓練やトレーニングを行い、回復を目指すことになるため、感謝されることも多い仕事です。
感謝の言葉にやりがいを感じるという作業療法士も多く、患者さんと一緒にコツコツと努力を重ねていき、結果が出た時には一緒に喜びを分かち合うことができるのもこの仕事の魅力です。

この他にも働きやすい環境が整っている点も、作業療法士の仕事の魅力と言えるでしょう。
勤務することになる病院にもよりますが、たいていの場合、リハビリを行うのは日中となりますので、夜勤もある他の医療の仕事と比較すると時間というきつさにおいて魅力となります。
女性にも働きやすいというケースも多く、復職率がそれなりに高い点も魅力です。

活躍の場、給料について

作業療法士が活躍する場として真っ先に思い浮かぶのが病院ですが、この他にも活躍できる場は広まってきています。
老人福祉施設やリハビリセンター、保険所、障害者福祉施設といった、公的機関や民間の福祉サービス等でも活躍している作業療法士がいますので、就職先はそれなりに選べそうです。
高齢化社会によって身体の不自由なお年寄りの方も増えてきていることから、病院以外にも福祉の現場からのニーズが高まっています。

作業療法士の年収は350万円から450万円となっており、同じリハビリの資格である理学療法士や言語聴覚士といった仕事と同程度の収入が見込めます。
ただし、年齢を重ね、スキルアップをしていったとしても収入は650万円程度が限界であるようです。
これらの金額よりも多く収入を得ようとするのなら、作業療法士以外にもスキルを身に付けていく必要がありそうです。
ニーズも高まっていることから、これから先も安定的に働く場所が増えていくことが予想される他、給料も比較的安定しているという点、更には働く時間も夜勤が少ないという点はこの仕事の大きな魅力です。

Comments are closed.