社会福祉士

公的サービスが滞りなく受けられるように

社会福祉士という資格は耳慣れない方も多いと思います。
この資格の目的は、公的サービスを利用しやすくするためにあり、病気や障害などによってサービスの利用を考えている方の相談が主な業務となっています。
そのため、社会福祉士が活躍する場所は限られてきており、老人ホームや児童福祉施設、地方自治体の福祉事務所や病院や保健所などが挙げられます。

具体的な仕事内容は、福祉サービスの利用を考えている人に対する生活相談。
生活中に発生している問題について、どのような解決策があり、またどのように利用すれば良いのか提案をしていく仕事となります。
相談に乗るだけならば社会福祉士の資格は必要ありません。

しかし社会福祉士は福祉サービスに関するスペシャリストというお墨付きを国からもらっているわけですので、利用者からその分信頼できるパートナーとして認識されることになります。
この資格を有している人は、相談窓口のリーダー的な存在になるケースが多いです。

社会福祉士は仕事柄、本人との話だけでなく、各行政サービス窓口との連絡を取ったり本人のご家族の方との相談をする機会も多いです。
お話をすることが非常に多い仕事となりますので、コミュニケーション能力が必要な仕事と言えるでしょう。
相手の相談内容を理解し、的確な解決策を考えなければならない点も重要です。
相談に来た人には、生活上どのような問題が発生しており、それに対して様々な解決策を考案及び提案する必要があるので、資格を有しているだけでは務まりません。

社会福祉士のニーズと働く場所

社会福祉士が活躍する場所は、主に老人ホームや児童福祉施設、地方自治体や福祉サービスを提供している民間企業などになります。
また、高齢者福祉施設やケアハウスといった介護施設で働いているケースも考えられます。
入所を希望している方やそのご家族の方に対してサービスの案内をするだけでなく、公共の福祉サービスの利用を提案するという業務になり、相談やアドバイスをする役割を担っています。

この他には、医療の現場で活躍することがあります。
医療サービスの利用にあたり、医療保険の案内や患者さんを経済面から包括的にサポートするのがこの現場での社会福祉士の役割となります。

昨今の日本では、高齢化問題が叫ばれており、公共福祉サービスはこれから先、需要が高まることが予想されます。
社会福祉士の資格は、この需要に伴ってニーズが高まることが予想されるため、今後は活躍できる場も徐々に増えていくことが考えられます。
この社会福祉士の国家試験は、合格率が25%から30%程度となっているため、非常に難しい試験ではありますが、取得してしまえば今後役に立ってくることは間違いないでしょう。

Comments are closed.