歯科衛生士

仕事の内容について

歯科衛生士は、歯科助手と間違えてしまわれますが、異なる資格となっており歯科助手に比べて歯の治療等に携わることが多い仕事となります。
歯科衛生士としての仕事は、歯周病疾患の予防処置や歯科保健指導をして歯科医師の診療補助を行うのは歯科衛生士の仕事です。

特に歯周病疾患の予防処置や歯科保健指導は、歯科助手では携わることができない仕事となります。
また、歯石の除去や虫歯や歯周病疾患の予防のために行うブラッシング指導や食生活に関するアドバイスも歯科衛生士の大切な仕事となります。
歯科衛生士として働く場合には総合病院の歯科、開業医の歯科医院で働くのが多い仕事となります。

その他にも地域の保健所や老人保健施設で働く歯科衛生士も増えてきています。
そのほとんどが正社員として活躍する人が多くなっており、働きがいのある仕事となります。
この歯科衛生士として働く場合には歯科衛生士の資格を取得することになるため歯科衛生士試験に受験をして合格する必要があります。

歯科衛生士試験

歯科衛生士として働く場合には歯科衛生士の資格を取得する必要があります。
歯科衛生士の国家試験に受験をする場合には受験資格が必要となります。

受験資格としては、文部科学大臣又は厚生労働大臣が指定する歯科衛生士養成学校等を卒業した場合に受験資格を得ることができます。
歯科衛生士の国家試験に関しては、毎年行われており合格率は95%を超える試験なので、合格しやすい国家試験となります。
また、試験に合格しても実際に歯科衛生士として働く場合には実務的な能力が求められる職業となります。

将来性と給与面

歯科衛生士として働く場合には、その多くが開業医の歯科医院に就職することになります。
多くの歯科医院があるため、就職する場所として困らない状況にありますが、長く働く場合には歯科医院の医師の能力により影響されることになります。

また、高齢化が進んでいくことになるため、今後はお年寄りの食事改善に必要な口腔ケアが求められることになり福祉分野で歯科衛生士の需要が伸びていることになります。
今までと比べると活躍の場所に該当しませんが、このように老人医療施設で求められる人材の1つとなっていきます。
また、近年まで歯科衛生士は女性が受験できる資格となっていましたが、最近では男性も受験できます。しかし、圧倒的に女性が多く、20代や30代が活躍しています。
歯科衛生士の女性はその後出産や育児のために退職する歯科衛生士も存在しており、このような状況では、歯科衛生士は今後も必要な職業としてニーズがあります。

歯科衛生士の給与面では、開業している歯科医院により異なりますが、平均的な年収は350万円となります。
これは、開業医の歯科医院で勤務している場合となります。
総合病院などの大規模な歯科病院では、社会保障や手当が充実しているため開業医の歯科医院よりも年収は多い場合があります。

Comments are closed.