薬剤師

より身近な存在に

薬剤師の仕事は、現在ではいろんな場所で働くことができる資格の1つとなっています。
以前までは薬剤師は、病院で薬を処方するために病院で勤務するのが一般的でしたが、最近では少し変わってきています。

現在の薬剤師は、処方箋を行う薬局やドラッグストアといった場所で活躍する薬剤師が増えています。
その反対に総合病院など、病院で薬を処方しなくなった病院では、薬剤師の勤務する機会が減っています。
しかし、病院でも総合病院など入院施設がある場合には患者が薬を毎日飲むことがあるので、薬剤師が勤務しています。

また、研究のために薬剤師も大学病院や研究所に勤務することがありますが、こちらの薬剤師は少ないといえます。
現在では圧倒的に薬局やドラックストアで処方箋を行っている店舗で勤務するのが1番多い就職の企業となります。
また、派遣社員やパート等の正社員で働かない薬剤師もおり、勤務形態が就職先で異なっています。

資格を取得する場合

薬剤師の資格は国家資格となっているため薬学部のある大学に入学して卒業しないと薬剤師の試験は受験できなくなっています。

そのため大学の薬学部に6年間在籍をして薬剤師の国家試験に合格することで薬剤師として働くことができます。
薬に関する多くの勉強を行う薬剤師の資格ですが、合格率は意外と高く70%以上の合格率を維持しています。

これは、大学により学力のレベルが異なりますが、入学するための薬学部の大学入れるが高くなっているので、大学に入学することで薬剤師の合格できる可能性が高くなります。
その後大学で真面目に6年間勉強をすれば、合格することができる国家試験となっています。
そのため薬学部に入学することと大学で6年間真面目に勉強することができる人は合格しやすい国家試験だといえます。
薬剤師として働く場合にはこちらの国家試験に合格する必要がある資格です。

将来性と給与について

高齢化社会を迎える可能性が高いので、病院を受診する人は今後も増加傾向にあります。
少子化問題で人口が減少することはあっても、高齢者として病院を利用することは年齢に関係ないので、薬を処方する仕事に関しては今後も必要な仕事といえます。

しかし、総合病院をはじめとする大きな病院では、処方箋を行っていない病院が増えています。
その代わりに処方箋薬局や処方箋を行うドラッグストアが増えていくことになり、今後の就職先として有力なのがこれらの処方箋を行う薬局等となります。

そのため総合病院で勤務することは、欠員が出なければ難しい状況だといえます。
給与面に関しては、勤務形態により収入に差がありますが、正社員として勤務する場合には年収は500万円以上が一般的な薬剤師の給与といえます。
アルバイトや派遣でも時給が高く1,500円以上は一般的な相場となっているため、収入の高い職業の1つと位置づけることができます。

Comments are closed.