泌尿器科

おしっこに関する悩み

排尿に関する悩みを受け付けるのが泌尿器科となります。
具体的には腎臓や尿管、膀胱や男性生殖器にある病気を治すことを専門にしております。

おしっこに関するお悩みや病気は、ぱっと思いつくところで言うと膀胱炎、尿管結石、頻尿などがありますが、これ以外にも泌尿器科での診察で分かる病気は多いです。
基本的には排尿時に痛みを伴う場合にかかることになると思います。
この他には、排尿に時間がかかったり、夜の頻尿で睡眠時間が削られたり、下腹部に痛みがある場合や腰に痛みがある場合にも泌尿器科での診察と治療が必要となることがあります。

また、おしっこの悩み以外には性病や性器に関するお悩みは泌尿器科の管轄になることが多いです。
特に男性の勃起不全や男性不妊症などの治療も行われていますので、男性器にお悩みがある際には泌尿器科で診てもらうことをお勧めします。

小さいお子さんの夜尿症治療ができるなど、泌尿器科にて行える治療は非常に幅が広くなっております。
生殖器や排尿に関する悩みは一手に引き受けてくれますので、悩みを抱えている方は利用してみましょう。

女性も多い?

排尿に関するお悩みは男性も多いですが、それと同じくらい女性にも降りかかることになります。
泌尿器科にかかっている女性の方も少なくありません。
ですが、女性の場合では周囲の人の目や体裁もありますので、なかなか泌尿器科に足を運ぶのは恥ずかしいというものです。

そんな時にお勧めなのが、女性専用の泌尿器科です。
医師だけでなく看護師も全員女性で対応してくれる他、男性の患者さんが来ませんので、安心して利用できるのが魅力となります。

女性は出産を経験すると一時的にホルモンバランスが崩れてしまいますが、これが原因となって排尿に関する悩みができてしまうケースも少なくありません。
腹圧性尿失禁は咳やくしゃみといった日常的な動作の折に失禁してしまうというもので、女性ホルモンの低下が原因となっています。

子供の場合

お子さんに排尿の問題があるかどうかは、親御さんがチェックしなければなりません。
おねしょが治らないお子さんや、性器が腫れているお子さん、排尿時に痛みが出る等の症状を訴えたら、まずは泌尿器科か、もしくは小児科に相談してみることをお勧めします。
子供は体の管理ができませんので、必ず親御さんが気にして確かめてあげなければなりません。

夜尿症は治療すれば必ず治るものですし、おねしょも治療することが可能です。
子供の将来のこともありますので、些細な点も見逃さずに専門家に相談した方が良いでしょう。
泌尿器科で診てもらうことは、少し恥ずかしさもありますのでためらってしまいがちですが、排尿に問題があると、他の部分の健康を害することもありますので、違和感があるようならば早め早めに診てもらうと良いです。