麻酔科

麻酔のプロ集団、麻酔科

麻酔科では主に、手術のときに患者さんに麻酔を行うのが業務です。
手術前から手術中、手術後にわたって患者さんの状態に合わせて適切な処置をする診療科です。
 
手術ではメスで体を切り開きます。
料理でも包丁の刃が指先にほんのわずか触れるだけで激痛が走ります。
体を切開してさまざまな処置を行う手術は、人の体に重大なショックを与えます。
激しい痛みとそれに伴う出血や、ショックによる身体反応が起こり、麻酔無しでの手術ではほとんどの人が苦しみで命を落としてしまいます。
このようなことにならないために麻酔科では、手術による痛みや苦しみを感じたり、急激な反応が起こったりしないように、麻酔で意識を失くす仕事を担当します。

手術中はメスによる処置の衝撃だけでなく、麻酔によっても体に大きな衝撃を与えています。
自然に眠る睡眠とは違い、麻酔は強烈な薬の作用によって人為的に意識を奪うのですから、生命を維持するための呼吸や血液などの循環、神経の活動などさまざまな身体機能の働きも鈍くなります。
極端な話ですが、麻酔の量を間違って投与すると、目覚めずに死んでしまうというリスクもあるのです。
特に全身麻酔には、そのようなリスクがつきまとっています。

このため手術中は、衰えた身体機能を補うために酸素吸入で呼吸を助けたり、血圧を一定に整えるための機械をつけたりして、患者さんの全身の管理を行いながら処置が進められます。
手術による人体への影響は、刻々と変化します。
麻酔医は、手術中は患者さんの身体状況をしっかりと観察して、適切に麻酔薬を投与し、患者さんの安全を確保しなければいけません。

手術や全身麻酔という攻撃から患者さんの命を守るために、適切な状態を保つのが麻酔科の任務です。
手術になくてはならない、重要な役割を担っています。

術前術後の仕事

麻酔科医は手術中以外にも、さまざまな仕事を行っています。
手術が行われる前日などに患者さんを診察し、全身の状態を観察した上で患者さんに最適な麻酔法を選び、滞りなく準備を行う前準備も大切な仕事です。

そして術後も、患者さんは激しい痛みに耐えていますから、手術で使った麻酔薬の影響などを考慮しながら、痛み止めの量などを決めて患者さんの苦痛を和らげるためのケアも行います。

このほかにも集中治療部で治療を受けている重症患者さんの全身管理や、病棟の患者さんに対する人工呼吸器の管理なども麻酔科の仕事です。

ペインクリニック外来を併設する麻酔科も

近年ではぺインクリニック外来を併設する総合病院や、ペインクリニック専門の診療所も増えてきました。
麻酔や痛みに関する優れた知識や技術を生かし、がんの疼痛や神経痛などさまざまな痛みに苦しむ患者さんに対して、鎮痛薬や神経ブロックを処方して、患者さんの痛みを軽減するのがペインクリニックです。
このような診療も、麻酔医の仕事となります。

Comments are closed.