美容外科

美容外科とは何か

美容外科は臨床医学の一つです。
美容外科はしばしば整形外科と混同されることもありますが、その性質は根本的に違います。
病気や怪我などによって負った外的な後遺症を治療する整形外科に対して、美容外科は外見の美しさを高めるための矯正や手術を行う診療科です。

美容外科は外科学から独立しており、近年急激に拡大している分野でもあります。
認知度も高く、美容外科を標榜する病院は年々増えてきています。
総合病院でも扱っているところがあり、ますます成長が期待されています。

美容外科での診療は、生命や日常生活に直接的な影響のない、美観に着目したものであるため、健康保険が適用されないのが特徴です。
もっと美しくなりたい、自分のコンプレックスを直したいと考えている人が病院を訪れます。

美容外科での仕事

美容外科医の主な仕事は、患者さんの望みを叶えるための手術を行うことです。
顔の各部位の整形、脂肪吸引、豊胸手術、わきがの治療など、患者さんのコンプレックスを解消するための手段を提供します。
さまざまな部位に対する手術があり、医師それぞれに特化している分野があるのが特徴と言えるでしょう。

美容外科では患者さんの見た目をより美しくするため、身体の表面にメスを入れます。
一歩間違えば患者さんのコンプレックスをより深いものにしてしまいかねないため、医療ミスは許されません。
手術を無事成功させ、コンプレックスを取り除いてあげることができれば、患者さんの喜ぶ顔を間近で見られ、大きな充実感を得られるでしょう。

美容外科は独立しており、医学の1分野ではないため、医師免許さえあれば専攻や経験は関係なく、美容外科医を名乗ることができます。
そのため、より医師各々の質が問われ、個人の技術や知識の研鑽が大切となる分野なのです。

美容外科の求人情報

美容外科は、その需要が高まっていることから、求人も比較的多く見られます。
大学病院においては、あまり美容外科を置いているところが多くはないため、総合病院での勤務を目指すならば、それ以外の病院を狙うのが良いでしょう。
総合病院での美容外科は急増してきているため、チャンスは増えてきているのです。

美容外科医は難度の高い手術を担当することも少なくないことから、転職を志す際は、手術経験の豊富さを問われる場合があります。
今までに難しい手術をした経験がいくつもある場合には、その事実をアピールすることが大切です。
転職の準備は早めに行い、優位な条件で進められるようにしましょう。

また、デリケートな悩みを抱える患者さんが多いため、コミュニケーション能力や相手を安心させてあげることのできる対話力も問われます。
メンタルのケアにも精通しているような医師ならば、転職先でもさらに重宝される可能性があります。

Comments are closed.