心臓血管外科

心臓や血管を扱う外科

心臓血管外科は、心臓や血管の手術を行う診療科です。
心筋梗塞や心臓弁膜症、大動脈疾患、先天性の心疾患などの手術を行いますが、循環器内科と連携しながら、患者さん本人や家族と十分に話し合った上で、どのような治療を行うのかが決められます。

心臓や血管は命の源です。
大手術になることも多く、リスクもありますから、患者さんは大きな不安を抱えています。
手術が成功するかどうかといった不安の他にも、入院費用や腕のいい先生に執刀してもらいたいなど、さまざまな不安や疑問を抱えています。
これらの不安を少しでも和らげるために、心臓神経外科の医師は患者さんに対してどのような手術を行うのか、手術をするとどのように症状が改善するのか、そしてどんなリスクがあるのかなど、十分に納得のいく説明を行う必要があります。

外科手術の実績数、優れた手技と知識はもちろんのこと、医師や看護師など信頼できるスタッフが揃っており、患者さんとスタッフがしっかりとコミュニケーションがとれる診療科であることが求められます。
特に近年では高齢化に伴って、免疫力が低い高齢者や人工透析を受けている人など、手術そのものがハイリスクとなる症例が増えています。
心臓病以外に肝臓や腎臓、肺機能、内分泌の異常のような合併症があると、各合併症に詳しい知識をもつ医師がいる総合病院や大学病院での治療が必要となるケースも少なくありません。

チームを組んでよりよい医療サービスを提供

重症の患者さんが多いので、医師を中心としたさまざまなスタッフが医療チームを組んで治療に当たるのが一般的です。
合併症のある患者さんに対しては、特にICUなど術後は集中治療室で治療を受けることも多く、院内連携が優れた病院を選ぶことも大切です。

いざというときのために、病院の心臓血管外科のホームページや口コミなどを調べておきましょう。
最近では雑誌などで、技術力の高い病院を紹介していく特集が組まれることも多くなりました。
少しでも多くの情報を収集しておきたいですね。

また、下肢静脈瘤のレーザー治療が保険診療で受けられるようになったので、最近では下肢静脈瘤を専門に治療するクリニックも増えています。
心臓病などの大きな疾患は総合病院など大きな病院が担当しますが、レーザー治療など比較的簡単な治療が可能な下肢静脈瘤はクリニックが行うといった、分業化が進んでいるともいえますね。
下肢静脈瘤の治療は日帰りが可能な、比較的簡単な手術にはなりますが、血管の手術であることには違いありませんし、麻酔も使用します。
たとえ日帰り治療であっても、確かな技術と知識、経験のあるクリニックを選ぶようにましょう。

Comments are closed.