眼科

眼科とは

眼科は、眼に関する疾患や不具合に関する診察や治療を行っている診療科です。
眼瞼、角膜、結膜、水晶体や眼底が主な範囲であり、目の痛み、視力の低下、疲れ目・充血、乾燥などを訴える患者さんが来院します。
ドライアイやアレルギー性結膜炎から、緑内障、白内障、糖尿病網膜症などの症状が重い疾患まで担当します。

眼は人間の身体の中でも非常にデリケートな部分です。
「物を見る」という行為において必要不可欠な部位であるため、眼の疾患は日常生活にも大きな支障をきたします。
その問題を解決し、正常な状態で物を見ることができるようにするのが眼科医なのです。

眼科医の主な仕事内容

眼科医は、眼に関するトラブルのカウンセリングを行い、診察をしていくのが主な仕事です。
さまざまな症状を訴える患者さんを診察し、適切な処置を施さなくてはなりません。
中には重大な病気が隠れている場合もあるため、常に細かな異変にも気付くように観察力が問われます。

疾患が軽度のものならば、飲み薬や点眼薬の処方をしますが、緑内障や白内障など重い疾患の場合は手術を行うこともあります。
眼は精密な部位であり、サイズも小さいため、少しのミスが失明などの大きな障害に繋がりかねません。
確かな技術と慎重さを持って手術に当たらなくてはならないのです。

眼を患っている患者さんは、視界が良好でないことから気分が暗くなってしまったり、日々の生活が困難になったりしてしまっている場合も少なくありません。
そういった患者さんを治療し、正常な視界を取り戻すことができれば、大きな希望を与えることができるでしょう。

また、眼科には大きな総合病院から、小さな個人経営の診療所までありますが、大きな病院ほど、仕事が細分化されており、残業などが少ない傾向にあります。

眼科医の転職事情を紹介

眼科は人気のある診療科であるため、人員の空きが出やすくはありません。
眼科医で転職を希望しているのならば、募集を逃さないような、フットワークの軽さが大切になってくるでしょう。

専門医としての長い経歴や、確かな実績があれば、転職のチャンスは広がります。
若手の医師の場合も、選考の際には今までの手術実績を問われることが多くなるため、自分が担当してきた症例や、経験をしっかりと伝えるようにしましょう。
眼科医は人気のある診療科ですが、長期的な目線で転職先を探していけば、好機を掴むことに繋がります。

近年ではコンタクトやレーシック手術関連を請け負う眼科も増えてきています。
眼科医の仕事は広がりを見せているため、それらに関わりたいと考えて、転職を検討する医師もいます。
しかし、コンタクト関連の仕事はとくに人気であるため、転職に関しては早めの準備が必要です。
こちらも、実績がどの程度あるかで転職のしやすさは変わってくるでしょう。
眼科医の転職に置いては周到な準備とフットワークの軽さが勝負を決めます。

Comments are closed.