外科

外科とは何か

外科とは、外部的な処置を行う診療科を指します。
内的な治療を行う内科の対となる存在と言えるでしょう。
薬物療法ではなく、手術などの外的な治療を行うことで症状を改善させるためのところであり、さまざまな疾患を持つ患者さんが来院します。

外科の専門的な役割は手術にあり、投薬などで改善することができない症状を持つ方を受け入れます。
高度な医療技術や知識を問われることも多く、責任重大な仕事を担当することも少なくありません。
そのため、外科は医師の世界では花形として捉えられることもあるのです。

外科の種類

外科は高度な医療技術を求められることから、専門が細分化されています。
消化器外科、心臓血管外科、胸部外科、呼吸器外科、脳神経外科などが挙げられます。
また、医療法により、広告などで正式に掲げることができる診療科は限られています。
外科が対象とするのはあらゆる腫瘍や炎症、外傷であるため、全ての部位や臓器において手術は行われるのです。

外科の種類の中でも、もともと整形外科学と脳神経外科学はそれぞれ独立した学問を確立している他、耳鼻咽喉科学、眼科学、皮膚科学、産科学などは現在ではその専門性から外科学からは独立した存在となっています。
このように、各分野に特化していることが求められるケースも多い外科医は、深い知識と確かな技術を持ち合せることが必要なのです。

外科医の仕事内容とは

外科医の代表的な仕事として挙げられるものは、やはり手術でしょう。
医療の発達から、薬物療法で治療することができる症例も増えてきてはいますが、手術がまったく必要となることはないでしょう。
無駄な切開手術の撲滅が叫ばれている昨今ですが、手術は医療現場において必要不可欠なものです。

内科では疾患の治療のためには主に薬を処方します。
症状を見誤らないように、高い診察力が要求されますが、処置に関しては技術を要するわけではありません。
しかし、外科医の場合は、自分の手で患者さんの身体の一部を切開して手術を行うため、個々のスキルや経験が重要となってきます。

同じ疾患の手術をしても、新人医師と腕の立つベテラン医師とでは所要時間や細やかな配慮までかなりの差が出るでしょう。
外科医は手術のたびに、反省点と次の工夫点を洗い、実行していくことで成長していくのです。
明確な目標を立てやすく、直接的に人の命に関わるという重責をやりがいとして捉えることができるのが外科医となるメリットです。

そうした責任感に比べ、最新の術式を常に研究する意欲と向上心が大切です。
手術時間は短ければ短いほど、患者さんへの負担は少なくなります。
質の向上も疾患の改善に直結するため、常に患者さんのために上を目指し、勉強をし続けていける人に向いている職業だと言えるでしょう。
転職の際も、そうした意欲を持って取り組まなくてはなりません。

Comments are closed.