胃腸科

胃腸科の網羅する範囲は広い

胃腸科は数ある診療科の中の一つです。
胃腸科と聞くと、胃と腸のみを専門としているかのように思われがちですが、実際は食道や大腸などの消化管、肝臓や胆のう、すい臓なども診察・治療の範囲としています。
医療法においては、「消化器科」という名前を掲げることも許可されています。

これらの臓器は体の中で、主に摂取した食物の消化、分解、吸収などを行うものであり、健康を維持するための糧となります。
基本的には胃腸の傷みや食欲不振、吐き気、便秘、下痢などの症状を訴える患者さんに対応します。
それ以外にも、倦怠感や体重の急激な減少なども消化器官の不調に由来している場合が多いため、そういった患者さんの診療を行う場合もあります。

対応をする主な疾患としては、食道炎や胃炎、腸炎から、各臓器のガン、クローン病、肝硬変などの症状の重いものまでさまざまです。
健康な体作りに不可欠でありながら、日々の生活の中で疲れやすい臓器であるため、適切な診療が求められます。

胃腸科医の仕事内容とは

胃腸科医の仕事内容は患者さんの診察、検診、手術、カルテの作成などです。
場合によっては長時間手術や、高度な医療機器を使っての精密検査を行うこともあります。
胃腸科医が担当をするのは、人体の内臓部であるため、手術も当然開腹手術となるのです。
腫瘍の陽悪性を適切に判断し、安全に摘出しなくてはなりません。

がんの患者さんなどには抗がん剤治療を施すこともあります。
複合的な医療知識を持ち合わせていなければ、胃腸科医は務まりません。
また、がんは痛みを伴うことも少なくないため、その対策をしてあげることも、胃腸科医の仕事です。

胃腸科医の適性と転職

胃腸科医はがんなどの患者さんの命に関わる病気の治療を行う職業です。
そのため、患者さんと上手くコミュニケーションをとりながら、不安を取り除いてあげる必要もあります。
がんを患っている方は、やはりナーバスになりやすいため、言葉や説明の順序に気をつけながら、2人3脚で完治に向けて歩んで行くのです。

そのため、胃腸科医にはある程度の経験と、他人の心情を理解する敏感さが求められます。
また、重大な病気を見落とさないための観察眼や、注意深さ、患者さんの話に耳を傾ける対話力がある方に向いている職業とも言えるでしょう。

胃腸科は診療科の中でも求人数がかなり多い部類に入ります。
経験の豊富さが問われるため、ベテランの医師が転職する際にも多くのチャンスがあります。
特に大規模な総合病院では、診療科が明確に区分されているため、胃腸や消化器に関する診療に特化した仕事をすることができるでしょう。
そのため、総合病院で働きたいという場合は、専門性や手術の技術などを磨き、転職に臨むのが近道です。
チャンスの多い区分であるため、自分の努力次第で目標を叶えられるでしょう。

Comments are closed.