耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科の特徴

耳鼻咽喉科は、その名の通り耳、鼻、咽頭などを診察・治療の対象としています。
耳鼻咽喉科の担当する範囲は広くにわたっており、その他にも口腔、気管、気管支、食道に関する疾患にも対応します。

聴覚や嗅覚、平衡覚、味覚という人間の生活に欠かすことのできない感覚器の異常を治療する診療科であるだけに、人々にとって非常に身近な存在でしょう。
食べる、呼吸をする、音を聞く、バランスをとるなどの、コミュニケーションや生命維持をする上で重要な器官であるため、トラブルやミスは許されません。

耳鼻咽喉科を受診する人に多い症状は、鼻のつまり、耳・鼻・喉の痛みから、顔の腫れ、痛みまでさまざまです。
疾患としては中耳炎、蓄膿症、アレルギー性鼻炎、顔面神経麻痺などがあり、どれも日常生活に支障をきたすような不快なものばかりです。
近年は花粉症に悩まされる人も多く、ますます需要が高まっているのが耳鼻咽喉科なのです。

耳鼻咽喉科に向いている人

耳鼻咽喉科医に向いている人は、耳、鼻、喉、気管、食道などの幅広い範囲をカバーできるほどの知識を有している人でしょう。
小さな診療所であれば、全てのカテゴリー全て一人でカバーしなくてはなりません。
診察から治療まで、一貫して自分で行いたいという方に適していると言えるでしょう。

また、大きな総合病院ならば、それぞれの分野で担当する医師が分かれている場合もあるため、自分の適性に合ったスペシャリストを目指すことができます。
どれか一つの分野に特化したいという方は、大きめの総合病院での勤務を目指しましょう。

耳鼻咽喉科医は、鼓膜のある耳、粘膜である鼻、身体の内側である喉や食道などの人体でもデリケートな部分の治療を行うこととなります。
身体の中でも弱い部分であるため、診察や治療には細心の注意を払わなくてはなりません。
また、鼻粘膜からの出血や、顔の腫れは、重大な病気に繋がっている可能性もあります。異変を感じた場合は、専門の診療科を紹介するなど、症状の見落とし・見誤りのないように鋭い洞察力を養うことが求められます。

耳鼻咽喉科の転職

耳鼻咽喉科は、医師数も病院数も安定しており、しばらく一定の状態が保たれています。
数が安定している分、全国各地でその求人を見ることができます。
転職を希望しているという方は、まずはお住まいの地域での求人情報を調べて戦略を練らなくてはなりません。

耳鼻咽喉科医は幅広い部位を診察するため、転職の際には、どのような症例をどの程度治療した経験があるのか、小児の対応経験はどのくらいあるか、手術やレーザー治療などの経験はあるか、などが大切になってきます。
診察から手術まで一貫して行うこともあるため、患者さんの悩みを上手くヒアリングするためのコミュニケーション能力も問われます。

手術をメインに行っていきたいのか、外来の診察をメインとしたいのか、両方をバランスよく行いたいのか、などの未来のビジョンをしっかりともって転職活動をしましょう。

Comments are closed.