内科

内科とは何か

内科は、比較的軽度の病気やケガを持つ患者さんが、最初に診察を受ける診療科です。
他の診療科と比べると、専門性と言うよりは、総合的な視点で診察を行うため、さまざまな患者さんが訪れます。
一般的な風邪や、頭痛、腹痛などの体調不良から、軽度の打撲や裂傷などは内科で受診することが多くなります。

そのため、内科には高い診察能力や判断力が要求され、専門的な科での治療が必要である場合は、他の診療科に患者さんを紹介します。
内科は患者さんが最初に診察を受ける場所であるため、ここで判断を誤ってしまうと、後々大きなトラブルに繋がりかねません。
責任を持って、その症状の重要度や、原因、治療についての判断を下さなくてはならないのです。

また、本来は総合的な診療を行うのが内科の役割ですが、現在の内科は消化器内科や循環器内科、呼吸器内科などに細かく分類されていることもあります。
それぞれ、専門のジャンルが細分化されており、一般的な内科のイメージとは少し異なったものとなっていると言えます。
このことから、総合的な診療行う内科のことを「一般内科」と呼称することもあります。

診療所・総合病院の内科

内科に訪れるのは高度な医療技術や医療設備などを必要としない、軽度の症状の患者さんが多いため、最初は診療所で診察を受けるのが一般的です。
そのため、総合病院などの大きな病院の内科を受診する患者さんには中高度の技術や設備を要する症状を持った方も少なくありません。
そういった事態に対応するためにも、総合病院で働く内科医は、診療所で働く場合よりも高い技術と知識が要求されることになります。

また、複数の臓器に疾患を持つ患者さんの場合は、それぞれの疾患を他の科に振り分けることができないため、一人の内科医が全ての治療を担当することもあります。
こういった事例はとくに高齢者に多く、手足の疾患から複数の臓器の疾患まで持っているケースも見られます。
自分の手に負えない、高い専門性を要する疾患である場合は他の診療科に回す必要があるため、症状の進行具合などを見つつ、正しい判断を下すことが求められるのです。

内科は人々のかかりつけ医

内科は、一般的な人々が人生においてもっとも診察を受ける回数が多い病院であると言えるでしょう。
軽い体調不良化から風邪、怪我まで、一人の医者に診察してもらいたいと考える方もいるため、一人ひとりを長期にわたって担当していくことも少なくありません。

企業立、国立、大学病院どこでも、内科医に転職するための倍率は高くなっています。
それだけ、人気の職業であるため、自分が内科に適性があるのかも最初に考えておく必要があるでしょう。

内科には、相手に安心感や信頼感を持ってもらうためにも、丁寧な診察や、誠実な説明・対応などは必須となります。
毎日の暮らしの中で、健康に対する安心を得たいがために、病院に通っている方もいますので、そうした人の話を親身になって聞いてあげるのも一人前の医者の条件なのです。

Comments are closed.