口腔外科

口に関する病気やケガを扱う口腔外科

口腔外科は口の中や顎、顔面やその近くの組織に現れる病気を扱う診療科です。
口腔外科で扱う症状は、主に次のようなものがあります。
まず、顎の骨に歯が埋まって起こるトラブルです。
歯が生えそろわない、親知らずが顎の骨に埋まっているといった症状がこれにあたります。
このほかにも、顎を動かすと痛みや音がする、口を開きにくいといった症状がでる顎関節症。
歯茎が腫れて痛む、歯に膿がたまるなど歯茎や顔、顎に炎症が起きる症状。
口の中や唇、舌の炎症、はれ、ただれ、痛みなど粘膜の異変。

また、事故やスポーツなどで口の中が切れる、歯が抜ける、歯がグラグラするなどのケガも扱います。
上顎か下顎にある小帯と呼ばれる筋の異常、先天的に口唇の一部に裂け目がある口唇裂や唇裂、顎の変形。
食べ物の味が感じられなかったり本来の味とは違って感じられたりする味覚障がいに、顔面神経痛や顔面麻痺などの神経性の病気、口腔ガンもあります。
このほかにも口臭がある、口の中が乾く、インプラント治療、睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置の作成など、さまざまな治療を行っています。

一般的な歯科医院と口腔外科の違いは?

口腔を扱う医者というと、歯医者さんのイメージが強いのですが、歯科医院と口腔外科はどう違うのでしょうか?
一般的な歯科医院では主に虫歯や歯周病の治療・予防などを扱います。
最近では歯のホワイトニングの需要も増えています。

一方、口腔外科では虫歯や歯周病といった、歯医者さんが対応する症状以外の、口の中や顎などの病気やケガを治療します。

歯科クリニックのなかには、看板に口腔外科と表記しているところもありますが、このような病院では一般の歯科医院に比べて、口の中やその周辺に発生する病気やケガにも対応しています。
歯医者さんか口腔外科か、どちらに行けばいいのか分からない場合は、まず口腔外科の表記のある歯科クリニックか、かかりつけの歯医者さんで診てもらって、必要なら歯科医の先生から専門的な病院を紹介してもらいましょう。

医療業界は専門化が進んでおり、社団法人 日本口腔外科学会が口腔外科専門医や認定医などの認定制度を設けています。
口腔外科に関する知識や経験がある医師に対して専門医などの資格を認定する制度で、口腔外科に必要な知識をもっており適切な治療が行える医師を判断するための一つの目安となります。

(参考記事)
社団法人 日本口腔外科学会 – あなたの街の専門医

日本口腔外科学会のホームページでは、国内で専門医のいる病院を紹介しています。
口腔外科で診療を受けるときに、住まいの近くの口腔外科専門医がいる病院を探してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.