産婦人科

産婦人科とは

産婦人科は、女性の生殖器に関する病気の診療をする科です。
主に治療を行う臓器としては、外陰部、子宮や卵巣、膣、卵管、などですが、近年は女性のトータルヘルスケアを取り扱う科へと移行しようという動きもあることから、月経前症候群や更年期障害などの治療も行っています。

産婦人科は産科・婦人科に分かれており、産科は妊娠や出産に関することを、婦人科は女性器に関する病気や更年期障害、不妊の治療などを主に担当します。
産婦人科医は女性のデリケートな部分に関するアドバイスを行うだけでなく、出産時の帝王切開、子宮頚がんや卵巣腫瘍などの手術を行う、外科に近い診療科でもあります。

患者さんの命だけではなく、現在妊娠している子ども、未来に妊娠するであろう子どもの命を左右する役目を担うため、責任は重大です。
女性が健やかな状態で生活し、正常に妊娠・出産をすることができる手助けをするのが産婦人科なのです。

産婦人科の仕事

産婦人科の仕事の特徴は、患者さんが全て女性であるということです。
子宮や女性器の疾患は、将来の妊娠・出産に直接的に関係してくる問題であるため、患者さんはナーバスになりやすくなります。
そういった方を安心させてあげられるように、相談へのしっかりとした対応、説明が必要となるのです。

産婦人科の仕事は忙しく、責任も大きなものであるため、体力・精神力ともに問われます。
毎日、さまざまな仕事に追われつつも、一つひとつの仕事を丁寧にこなすことができるような人に向いている職業だと言えるでしょう。

また、手術を行うことも多いのが産婦人科です。
外科的な知識にも精通していることが大切になってくるでしょう。
手術は、新人医師のうちは未熟であるため、経験と勉強を続けてスキルを高めていかなくてはなりません。
患者さんと、その子どものために努力を怠ることはできないのです。

産婦人科医の転職事情

産婦人科医は、近年その数が不足していると言われています。
そのため、さまざまな総合病院でも募集をかけている様が見受けられます。
転職をするためのチャンスが広がっている診療科であるといえるでしょう。

選考の際の基準としては、経験、リスクを伴う分娩への対応力、産婦人科学に対する姿勢などを見られることになります。
転職の際には明確な目的と、強い想いを持って臨むのが良いでしょう。

産婦人科は、他の科と比べて訴訟問題も多い診療科です。
あらかじめ訴訟に対する準備や、体制などの情報を集めておくことも大切です。

産婦人科医は確かに忙しく、大変な面も多々ありますが、それ以上に喜び感じることができる仕事です。
また、女性医師が多く活躍している職場であるため、女性にとっては働きやすい職場となります。
男性医師ならば、なるべく男性も採用している病院を探しましょう。

Comments are closed.