精神科

精神科の診療範囲

精神科は、メンタルヘルス全般を扱う診療科のことです。
不眠症やうつ病、パニック障害や自律神経失調症、適応障害などを診療の範囲とし、人間の心や脳に関係した疾患を治療します。
ストレスを感じることの多い現代社会において、その需要は高まっており、一昔前と比べると認知度も増しています。

「心療内科」や「神経内科」と標榜していることもありますが、心療内科は本来の精神科に非常に近いながらも心身症を専門としたもの、神経内科は脳や神経の疾患を扱う場合もあり、細かい区分は多少異なります。
本来の精神科は精神疾患に特化したものであり、心の症状を専門とするものですが、現在では幅広いカテゴリーを合わせて精神科と呼称しているケースが見られます。

メンタルは、その人の人格を形作るものであるため、一度疾患が出てしまうとさまざまな弊害が生まれます。
そういった問題を抱えた患者さんが精神科を受診するのです。

精神科でできること

精神科医の仕事は、主に患者さんのカウンセリングをして、必要に応じて薬の処方、入退院の決定を下すことです。
他の科とは違い、手術などの直接的な手法で治療を行うことはありませんし、基本的には対処療法が中心となります。
目には見えない心の病を治療することは、困難ではありますが、根気強く患者さんと向き合う精神力が問われる仕事です。

また、精神科の患者さんは長きにわたり通院することも多いため、長期的な身体管理も精神科医の仕事の一つです。

総合病院における精神科の求人

精神科の需要が高まっていることから、その求人も一定数あります。
総合病院の場合は、幅広い疾患を取り扱っていることから、どの専門領域の人員に空きがあるのかがカギとなります。
自分の専門に空きがあるのなら、早めの行動をとりましょう。

多くの症例に触れていたり、内科的な領域にも精通したりしているのであれば応募の幅も広がるでしょう。
事前に転職の準備を進め、求人を常にチェックしておき、チャンスがあれば、迅速な応募をすることが大切です。。

また、重宝される人材としては、患者さんとしっかりと向き合え、なおかつ冷静な判断を下せる精神科医です。
精神科はその性質から、感情的になる患者さんも少なくはありません。
それに腹を立てたり、心が折れたりするようなことがなく、症状の改善のためにベストを尽くせる方は、転職先でも高い評価を受けられるでしょう。

経歴を活かした転職

大学病院は教育機関でもあるため、ベテラン医師が、その経験を買われて採用されるケーもあります。
自信の経歴を活かしたキャリアプランを立てることができれば転職は有利となるでしょう。
取り扱う領域が幅広いことから、自分の今までの経験を転職に反映させやすいのが精神科の特徴だと言えます。

Comments are closed.