小児科

小児科の特徴

小児科は幼い子どもが持つ疾患を総合的に診療します。
子どもは当然ながらまだ身体が出来上がっていないため、大人と同様の治療を施すことはできません。
敏感な子どもの身体に適した、薬の処方や手術などを行うのが小児科なのです。
小児の区分は新生児から15歳くらいまでと言われています。

小児科は専門分野別に分かれている場合もありますが、多くの場合が全てを総合的に診ることとなります。
そのため、小児科の診療範囲は非常に広く、さまざまなことに精通していなければなりません。
子どもは感染症を起こしやすいため、軽度な患者さんも多く訪れますが、それだけに重病に繋がるサインを見落としてはならないのです。

小児科に求められるもの

親御さんにとっては、小さな子どもの体調不良は非常に心配なものです。
いい加減な対応や診察で、その不安を膨らませるようなことをしてはなりません。
そういったことから、患者さんやその親御さんとコミュニケーションを取ることが求められます。

親御さんの不安を解消してあげられるように、丁寧な診察、説明を行うことができる人材が評価されるでしょう。
また、深夜外来は他の科と比べても混みやすいため、忙しい中でも焦らず冷静な判断を下せなくてはなりません。

小児科医の仕事とは

小児内科は子どもの診察と薬の処方を行うのが主な仕事ですが、小児外科では手術を行うこともあります。
子どもは大人よりも麻酔への耐性や、長時間手術に耐える体力がないため、手術時も気を付ける点が多数あります。
後遺症や感染症に気を付けた、デリケートな手術が要求されます。

未来を担う子どもたちの健康を守る重要な仕事をするのが小児科です。
大変なことも数多くありますが、その分達成感ややりがいを感じることができます。

小児科の転職事情

小児科は現在医師不足の問題を抱えており、求人数も多く見られます。
そのため、小児科医の転職は比較的しやすくなっていると言えるでしょう。

小児科医は診療範囲の広さから、さまざまな症例を取り扱っている総合病院へ転職をする場合は、どこかの分野に専門性を持っていることも大きな武器となります。
希望する病院がどの専門的知識や技術を求めているかが重要になってきます。
未熟児や循環器、小児障害の治療経験がある場合には、とくに重宝されやすく、転職先の選択肢も広がりやすいでしょう。

転職をする場合には、その先のビジョンを明確に持って進めることが大切です。
例えば、総合病院には大学病院や国立病院、企業立病院などがありますが、研究設備の充実している大学病院で、技術や知識を高めながらキャリアアップをするという道もあります。
自分がこれから、どのような小児科医を目指すのかによって選択も変わってくるため、良く考えて転職先を探すようにして下さい。

Comments are closed.