総合病院の大学病院ってどんなところ?

最先端医療

病院の中でも“○○大学病院”と大学名が名前に冠されている病院がありますね。
大学に付属する病院として、比較的大規模なイメージがありますが、
実際のところ、一般の病院と大学病院とはどのように違いがあるのでしょうか。

大学病院とは、基本的に、医学と歯学に関する学部を置く大学の付属施設として置かれる病院で、
これを設置することが、昭和31年文部省令第28号の大学設置基準第39条で定められています。

ちなみに、大学の組織上、大学本部の直轄となる病院の場合は○○大学病院、または○○大学付属病院などと呼ばれるのに対し、医学部や歯学部など、その学部の付属機関として置かれている場合、○○大学医学部付属病院、○○大学歯学部付属病院といった名称が用いられることが多くなっています。

名称を見れば、組織構図が少しうかがえますね。

一般の病院が主に診療を目的としている施設であるのに対し、診療のみならず、
臨床教育や臨床研究、臨床試験といった大学ならではの役割を担っています。

そのため、一般の病院よりも、さらに高度で専門的な医療や最先端の医療が取り扱われる機会も
多い病院となります。

この機能を果たせるよう、病院としては総合病院のかたちをとり、
高度な先進医療を推進する特定機能病院の認可を受けているところが多くなっています。

臨床教育として、学生や研修医の医学教育を行いながら患者を治療するという特徴もあり、
研修指定病院の認可を受け、実習先や卒業間もない就職先としても機能しています。

経験豊富な医師の施す治療のようすを若い医師や学生など、医師の卵といえる人たちが見学するといった
ケースがしばしばみられるという点で、その他の病院とは違った雰囲気があるといえるでしょう。

研究段階にある新しい治療法を試すことも多く、治験なども積極的に実施されています。
多くの場合、医局制度を取っており、大学における各講座の教授がその診療部門の責任者となっています。

文部科学省の管轄下

このほかに一般の病院と大きく違う点は、大学の付属機関であるため、
文部科学省の管轄下にあるという点です。

しかし、病院といった医療そのものは厚生労働省の管轄なので、
この二つの省の影響を受ける点が特徴的です。

さらに自治医科大学であれば総務省の、産業医科大学であれば厚生労働省の関与で設立された
大学なので、その大学病院では、やはりこうした省の影響を受ける面が大きいといわれています。

なお、防衛医科大学校病院に関しては、防衛医科大学校自体防衛省の研修施設扱いなので、
直接防衛省の管轄になります。

最近では地域医療における公立病院の医師不足、管理維持の難しさなどが、
とくに地方において生じています。

一方で公立病院には指定管理者制度が導入されたため、
大学が公立病院の指定管理者となることもできるようになりました。

大学病院では、比較的医師の確保が容易ですから、この制度を利用し、
大学病院が公立病院、公立医療機関を兼ねているケースも増えてきています。

私立大学を中心にこの傾向は進んでいましたが、国立大学の法人化を受けて、国立大学でも
可能になったので、2008年の高知大学医学部の例を皮切りに、こちらでも広がり始めています。

総合病院での仕事は専門のサイトで探してみるといいですよ。