医局とは?〜大学病院ならではのシステム

日本固有の私的な団体

総合病院として、大きな規模をもつ大学病院では医局という言葉をしばしば耳にします。
「白い巨塔」などでも取り上げられたものですが、どのようなものなのか、特色あるシステムですので、ここで紹介しましょう。

医局とは、大学病院における診療科ごとの教授を頂点とした人事組織のことで、日本固有の医師による私的な団体といえます。

そもそもは医師や歯科医師の執務室、控室のことを医局と呼ぶことからきているので、これと区別するために、団体組織のことは“大学医局”と呼ぶケースもあります。

研究室や教室ごとのグループ組織となることもあり、大学病院内ばかりでなく、その関連病院なども含めた一大組織となっていることも多いものです。

医局を構成するのは、教授、主任教授、特任教授、客員教授、診療教授、研究教授などの各教授陣、准教授、特任准教授、客員准教授などの各准教授、講師、特任講師、院内講師などの各講師、助教、特任助教、助手の職位にある常勤医、非常勤医、大学院生、専門研修医、臨床研修医などの大学病院内に在籍する医師免許をもつ人が、まずあげられる人々です。

そして、これにくわえ、大学の各科が、人事権を行使しているような関連病院の院長、副院長、各科主任部長、臨床教授、部長、医長、医員研修医なども医局のグループ組織に含まれることがしばしばです。

医局という組織を整理するために、医局長とよばれる担当教員が置かれることが一般的で、この役目は講師や助教が務めていることが多くなっています。

医局長は、臨床業務や研究から免除されているケースがほとんどで、この医局の業務、医局の運営に中心的に従事しています。

事務については医局秘書などがおかれ、ここが担当します。
関連病院はこの医局から医師の派遣を受けるとき、研究費の寄付をすることが一般的になっています。
またそれぞれ関連病院が、医局のトップを形成している大学病院に対し、上納金的なお金を毎年支払うこともしばしば行われているといわれています。

会費制

医局に属するためには、医局費や門会費といった会費を納め続けなければならないことが一般的な医局内規となっており、支払いが滞ると制裁措置が出されることもあります。

しかし、ここへ属していることによって、とくに大学病院で働く場合、一般的に生活も保護され、多くの恩恵が得られるということがいえます。

学閥を中心とした帰属意識や排除意識が働きやすいことや、医師が自由に職場を選択することを妨げる傾向にあるといったことから、批判されることもおい医局ですが、デメリットばかりではなく、メリットもあり、いまもなくなってはいません。

研修医は卒業後、卒業大学かまたはほかの大学の医局に多くの場合、属することとなります。
これは知識や技術を向上させるうえで、この医局における教育のシステムが重要となるためです。

後期の研修を受ける場を自分で探すことも大変ですから、この医局というものが役立つのです。
廃止論もしばしば持ち上がるものですが、なかなかこの医局というものを超える、大学病院に適した合理的な人事システムや交流、連携のシステムが見出されていないため、やはり存続されているのだともいえるでしょう。

Comments are closed.