大学病院〜医局のメリット・デメリット

先に紹介した総合病院である大学病院の医局というものについて、さらにそのメリット・デメリットを考えてみましょう。

医局のデメリット

医局のデメリットは一般的によく認識および指摘されているところですが、不透明なお金の動きがしばしば生じることや、医師それぞれが自由意思によって職場を選択することができにくくなるといったことが挙げられます。

また、人事について、その長となる立場の教授が実質的に大きな権限をもっているケースも多いため、その独断性が非難されるケースもあります。

大学病院内だけでなく、関連する病院の人事にも影響してきますから、その決定権の強さが問題視されることもあるでしょう。

診療方針全般や治療薬の選択、医療機器の導入の決定にも、大きな影響力があり、ここに相当の利権が生じうることから、疑問が付されてきたという経緯もあります。
また、医局の帰属意識は強く、個々が独立性が強いため、他の医局との連携が悪いといったデメリットも指摘されてきました。

このようなデメリットや問題点から、2004年の新研修医制度導入など、厚生労働省の政策でも、近年、医局の影響力を低下させる方向性が見られます。

医局に属さない卒後医師も徐々に増えてきました。
しかし、こうした政策方針により、大学病院自体の人手の不足、関連病院や過疎地における医療施設などへ赴任する医師が激減してしまい、医療過疎の地域をつくりだしてしまったという実態もあります。

医局のメリット

つまり、医局が地域社会へうまく医師を割り振っていたため、安定的な医療が地方においても保たれてきたということがいえ、そのメリットがここにうかがえるのです。

ほかにも医局にはメリットもあります。
まず、医師になったばかりの者は指導医のいる病院で専門医となるための研修を受けます。

一つの病院でずっと学び、一生勤めるということも悪いことではありませんし、そのような選択をする医師の方もありますが、別の病院環境では、また患者の層や医療設備も異なりますし、高い技術をもつ違ったタイプの指導医もいるでしょう。

ですから、そうした環境を多く経験する、病院を変わって研修を重ねることで非常に勉強になるというケースは多いものです。
その際、医局に属しておくと、適した場所を見つけやすく、移動が行いやすいというメリットがあります。

また、多くの専門家が属していますから、先輩の先生にいろいろな相談をしやすいというメリットもあります。
医局の先輩である先生は、学会などを通して全国に知りあいのネットワークをもっていますから、困った症例などを相談し、よりよい治療法を見出すことに役立つケースもしばしばです。

人事は医局を廃止し、大学が全体としておこなうということも考えられていますが、実際には医療というそれぞれ分野の専門性の高い領域で、医師の力量やタイプなどを考慮した人事を外から判断し、実行するのは難しいこともあるでしょう。

医局にもよりますが、同じ地域、同じ専門の職業をもった者同士が集まり、互いに助け合い、職場環境の改善に努めたり、さらなる地域医療への貢献をめざすといった機能を果たしているところもあります。

助け合ってカバーする、労働組合ではありませんが、そのような機能としてうまく働くケースもあり、一概にメリットのないものともいえないのです。

問題はその医局の特徴、体質による面が大きいといえますし、人の集まりですから、本人の合う合わないも、おおいに作用するところでしょう。
メリットの部分を伸ばし、うまく生かせるものとなるのであれば、入局もよいでしょう。

Comments are closed.