大学病院における転職事情

スキルアップのために

医師という職業は職場を変えていく人も多く、転職を経験する人も多いのが特徴です。
医療機関の環境により、医療施設も、利用される患者さんの症例傾向、層構造なども大きく異なりますし、
業務内容も違います。

ですから、さまざまな環境下で働くことも、スキルアップを目指すうえでプラスに働くことも多いのです。

もちろん、総合病院として、最先端の医療を取り扱い、治療法としても新しいものを試すことのできる環境が
整っていること、より新しい医療のかたちを探る研究にも力を入れられるという点で大学病院は優れていますが、違うジャンルへ転職を考えられる医師の方も多数いらっしゃいます。

転職をおこなう、職場を変えるきっかけになるのは、医局からの指示により別の病院へと派遣される場合と、
みずから医局から外れ転職をはかる場合との2つに大きく分かれます。

医局からの派遣的に別の病院へ移動する場合は、その場で主な研究分野の研究を続ける、
新しい視点を得る、その地域医療をあらたに支えるといった転職となるケースが多いようです。

職場が変わるので、その雰囲気や設備等変わる面もやはり多くありますが、医局とのつながりが
保たれるため、チーム連携性は高く、同等の交流は続く傾向にあります。

治療方針なども、ほぼその大学病院のものにならうかたちですすめられるでしょう。
自分で転職活動を行うというわけではないので、移動決定自体はスムースに進みます。

ただし、自身としてはあまり望まない環境へと配置されるケースもあるでしょう。
もう一方のみずから転職活動をして、新しい医療現場へと移動する場合、働く環境はかなり変化します。
大学病院以外では、あまり研究に力を割くことはできなくなるでしょう。

どのような働き方をしたいのか考える

しかし、より実践的な医療、患者さんと向きあう医療を行っていくケースが増えてくるのが一般的です。
日常の業務を行いながら、自身で転職先を探していくことは、なかなかに肉体的にも精神的にも困難を生じますから、医療求人の転職を専門にサポートするコンサルタントなどを利用する方も多くなっています。

求人はある程度存在しますから、自分の主とする分野や経歴、今後どのような働き方をしていきたいのかなどを考慮の上、検討を進めるとよいでしょう。

最近では、製薬メーカーにおける開発アドバイザーとして医師経験をもつ方を募集しているようなケースも増えてきているので、こうした場への転職をされる方もあります。
医師求人サイトなどを活用するのも良いと思います。

またクリニックを開業される場合、それぞれ医師は自分の専門分野の診療科をたてるのが基本ですが、
医師免許は診療科ごとの交付ではありませんから、各診療分野の学会が、学会認定医や学会専門医など、
独自に認める「学会認定専門医制度」が導入されており、これにそう診療科をたてる方が多くなっています。

ただし、このシステムは法的拘束力をもつものではありませんから、厚生労働省の認可が必要な麻酔科を
除き、そのほかすべての診療科を標榜することが実質的には可能です。

その地域の需要などを見て、たてられるとよいでしょう。

Comments are closed.