大学病院で働くメリット・デメリット

恵まれた環境

総合病院として機能する大学病院という環境には、働くうえでどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
より深くその特徴を理解するために、探ってみましょう。

大学病院という環境は、衛生面、福利厚生面、
職員などへの対応、システム面、設備面など、あらゆる面で、一般の医療法人による病院などに比べると、
平均以上、かなり高いレベルに整然と整えられている、恵まれた環境があるといえるでしょう。

多くの医師、看護師らが属しますが、それぞれのやるべきことがきっちりと決まっており、
自分が本来やるべきでないであろう業務に携わらなければならなくなるといったことは、まずありません。

スタッフごとに仕事、責任、役割がしっかり分けられています。
研修制度も整っていますから、勉強になることも多いでしょう。

難症例の方も多く診療に訪れられるので、スキルも磨かれ、
最新の治療法を実践することがしばしば行われる刺激的な環境です。

より研究意欲の高い方にも、臨床研究としての役割をもつ大学病院は、働きがいの感じやすい環境でしょう。
多数の分野の医師との連携で行うケースもあり、よりキャリアを拡大することにもつなげやすいほか、
新たな見方を獲得できることもしばしばです。

大きな病院ならではのチーム医療として、やりがいを感じられる大きなプロジェクト参加も身近です。

このように整然としたシステムのなかに、最新の医療設備があり、最先端の治療実践ができる、
大病院ならではの難しい例にも挑戦していけるという点で、大学病院で働くことは、
医師にとっておおいなメリットがある場といえます。

多忙なことが多い

一方、もちろんデメリットといえる部分もあります。

まず、大きな規模の病院となり、抱える患者さんの数も多くなりますし、
難しい状態を過ぎた患者さんに関しては、最寄りのかかりつけ医に引き渡すといったケースが多いので、
より身近に患者さんと向きあいたい、長期的に健康管理を行っていくことで喜ばれ、
自分もそこにやりがいを感じるといった医療を理想とする方には、あまり向いていない環境であるともいえます。

より地域に密着した、人と向き合う医療をと思われる方は、大学病院よりも小さな規模の総合病院、
一般開業医院などの環境のほうが、やりがいを強く感じやすいでしょう。

どのような理想を描くかにより、こうした大学病院ならではの特徴はメリットにもデメリットにもなると
考えられます。
このほか、大学病院での勤務はかなり多忙なケースが多く、
残業も多い傾向にある点がデメリットとしてあげられます。

難症であるほど、死と隣り合わせであるという重責もかかりますから、
負担はやはり大きいといわざるをえません。

また、話し合いや勉強会なども多く、これらが休日に実施されることも多いので、
結局毎日のように病院へ通わなければならない、自分の時間はなかなかとることができず、
束縛時間として長い傾向もあります。
こうした点は覚悟の上、臨む必要があるでしょう。

医局体制でその分野の教授が管理者となりますから、
特有の学閥的な人間関係、束縛感も他の総合病院とは違った特徴があります。
これらになじみ難い方には、デメリットとなる可能性があるので、留意しておきましょう。

Comments are closed.