大学病院で働くということ

勉強や研修会が充実

大学病院は総じて一般の個人病院などから比べるとはるかに規模が大きく、
最新の医療設備が整っています。

そのため、普通のかかりつけの病院や、小さな総合病院では検査しきれなかった、
診断や治療を行うことができないと判断された患者さんが訪れることが多くなります。

ですから、自分の専門分野のスペシャリストとして、さらに専門性の高い医療を学びたい、
最新の技術に触れ、身につけていきたいといった方には最適な職場環境が整っているといえるでしょう。

これは、働くうえで非常に大きなメリットです。
臨床研究も積極的に行われていますし、新薬および新しい治療法の試験なども頻繁に行われます。

知的好奇心の高い方には、やはり他の形態の病院に比べ、
圧倒的にアカデミック性が高いという特長がありますから、その面での魅力もあるでしょう。

研修や勉強会も充実しており、着実にキャリアを重ねていきたい新人医師の方にも向いています。
自分が所属していた大学から、その大学病院で研修、就職先にとストレートに進む方もあるでしょう。
そのような受け皿としても大学病院は機能しています。

開業した医師に比べると、やはり高度な医療を扱ううえに、仕事量も多く、時間の束縛もきわめて長くなりがち、
激務といっていい仕事内容が課される状況にあるケースが多いといわれています。

とくに救命救急部門で働く医師のケースでは、その負担は非常に大きなものとなっており、
問題ともなっています。

重圧がかかる

郊外地域などの公立病院に比べると、医師の確保は容易で、多数の医師が在籍する環境にある
総合病院ですが、仕事内容として余裕のある環境が整っているとはいえない実情もあるようです。

ただでさえ、医師の仕事は人命にかかわるものであり、ひとつひとつ責任が重く、
些細なミスも許されないため、精神的、肉体的な重圧がかかるきびしい職業です。

しかし、それゆえのやりがいや、研究のうえでの向上心を重視する方には、大学病院という環境は、
理想的なものでしょう。

大学病院で働く場合は、医局勤務医としての扱いになります。
講師、准教授、教授と医局での位置づけがあり、その所属の教授がトップとして大きな権限を
もつこととなることは認識しておくべきポイントでしょう。

チームの結束としては強いものがありますが、逆にこうしたある意味特異な上下の関係性、
位置づけの中で働くことに抵抗のある方には、難しい面もあります。

ほかに大学病院特有なケースとしては、研修医や学生の指導も立場によって
担当するケースがしばしば出てきます。

研修医として大学病院で働いた後、専門医としての知識と技術を身につけ、
地域医療に貢献できる医師となるため、医師不足が深刻な僻地の中小総合病院へ派遣される、
また希望してそちらで働くというケースもあります。

こうした大学病院から地域医療へという流れは、
現在の医療を取り巻く社会問題を改善する大きな糸口となります。

しかし、新医師臨床研修制度の導入で、新人医師は医局に属さなくなり、
大学病院もまた医師不足に陥っています。これがより地方の医師不足を加速させた面も否定できません。

制度が見直されるごとに、大学病院をとりまく状況は大きく変化します。
これもまた大学病院で働くことの特徴としてとらえておくことが必要なのではないでしょうか。

Comments are closed.